しあわせな暇つぶし

慌てず焦らず諦めず

似顔絵とMatt化

昔から自分の顔が苦手だった。

自分の理想の顔と現実の顔のギャップがなかなか受け入れられず、悩んできた。


学校行事などで誰かにふいに撮られた写真はいつも衝撃的なほど不細工で、こんなに不細工なはずはない、ここまで酷いのは何かの間違いだ、撮った人に悪意があるとさえ思って目を背けていた。


そのうち写真を撮られる事自体を拒み始め、学校行事はそもそも参加もしなくなった。

誰かにカメラを向けられると怒り出し、そっぽを向いた。


唯一、プリクラだけは好きだった。

美白モードがあったり、勝手に目が大きくなったり、顔のあらゆる難を隠し、美しくしてくれる。これが私の本来の顔に違いないと思わせてくれた。

小学校高学年の頃、友達のいない私は貯めたお小遣いを持ってゲームセンターに行き、1人でプリクラ機で写真を何枚も撮った。


周りには細くてお洒落な中学生くらいの人たちや、同い年くらいの可愛い女の子たちが2人以上のグループで次々とプリクラ機に入って楽しそうに会話しながら写真を撮る中、パッとしない小太りの私が精一杯のお洒落をして、1人プリクラ機に入っていく。

今なら恥ずかしくてとてもできないが、当時は1人でプリクラ機に入る事をあまり気にしていなかった。

それより理想の顔の写真が撮れる事がすごく楽しかった。


帰宅しては母に写真を見せて、これが一番写りがいいとか、こっちは表情がイマイチだったとか報告していた気がする。

母のリアクションはあまり覚えていないけど、少し私の事を心配したんじゃないだろうか。

プリクラを撮る友達がいない事だけじゃなく、自分の容姿の良し悪しに執着する事に。


側から見たら勘違いナルシストに映ったかもしれないが、実際は真逆で、自分の容姿に失望してもしきれず、何とか納得のいく顔面になろうと必死になっていただけ。


とにかくプリクラ以外の写真を嫌う、容姿に自信のない私が、ある時、似顔絵師に似顔絵を描いてもらう事になった。


どこかの旅行先の観光地だったと思う。あまり覚えてないが、確か母に、記念に描いてもらったらとか何とか言われたような気がする。

私自身、写真は嫌いだが似顔絵を描いてもらった事がなく、どんな風に自分が描かれるのか興味があったんだと思う。

 

似顔絵師によってもちろん画風は違うが、大体はチャームポイントを少し誇張してマスコットのようにおもしろ可愛く描くか、派手さには欠けるが、なるべく本人に似せて書く正統派の二通りだ。

私を描いてくれた似顔絵師は正統派タイプだったんだろう。

あまり会話もなく、真剣に描いてくれた。


10分程度で仕上がり、少しワクワクしながら絵を受け取った私はショックを受けた。


鉛筆で描かれた地味な似顔絵は、カメラで撮られた顔より酷かった。

でも決してその似顔絵師の技量がなかったわけではない。見本として描かれた芸能人の似顔絵はとてもよく似ていたから。

受け入れたくはないけれど、私の似顔絵もとてもよく似ていて、ただただ突きつけられた現実だった。


力のない奥二重、低くはないが少し横に広がったまあるい鼻、への字の唇。


私は納得がいかず不機嫌になり、すぐに絵をしまった。その後、家で何度も見返したが、何の愛着も湧かない。こんな風に描くなんて意地悪だ、理不尽だと思い悲しかった。


その時ふと、この絵が鉛筆で描かれた物だという事を思い出す。

鉛筆は消しゴムで消せる。


私は似顔絵の奥二重の線を綺麗に消した。

そして消された線よりも上の方に新たに並行二重の線を描いた。


まあるい鼻も小鼻の部分を消して一回り小さくシャープに描き直し、への字の唇は口角を消してからくいっと持ち上がった口角に描き直した。


止まらなくなった私は黒目を二回りも大きく塗り直し、輪郭も顎先とエラを消してシュッとしたラインにし、頭も一回り小さくした。


完成した似顔絵第二号はもう原型を留めていなかったけど、私は満足してやっと心が落ち着いた。


満足したせいか、その似顔絵の事はもうどうでもよくなってしまい、見返すこともなくなり、やがて捨ててしまった。


記憶からもしばらく消されていた恥ずかしいこんな過去を思い出したのは、テレビで桑田真澄の次男Mattが、スマホで撮った自分の写真を加工しまくっていると話題になった時だ。


最初は世間から気持ち悪いとか宇宙人みたいとか言われていたが、そのうちそれをコンテンツとして楽しむようにMatt化するなどと呼ばれるようになった。


Mattが世間の変化をどう受け止めているのかはよく分からないが、似顔絵を別物に描き直したあの日の私と今のMattには、どこか似ている面があるのかもしれないと思った。

 

ってーーー、久々に読書していたらついつい物書きみたいに気取った風な文章を書きたくなっちゃったーー。

恥ずかしい記憶を恥ずかしい文章で上書き…とても恥ずかしいダブルパンチ!!笑