しあわせな暇つぶし

笑えない下半期スタート!笑

夫婦で再スタート

お久しぶりです。突然ですが、うちのマイダーリンこと、夫のちょこ氏が社長を辞めます。

というか、

会社を閉じます!(閉じる?畳む?言い方わからん)

…今月末で全店舗と本社を閉店、閉鎖します。爆

 

これ、決まったの7月1日の夜です(;´༎ຶД༎ຶ`)

 

以前から、半年後なのか今年中なのか、はたまた3年後なのか…遅かれ早かれこうなると言うのは決まっていましたが

まさかつい先週まで『遅かれ早かれ』レベルだったのが、7月1日の夜に帰宅した途端に『今月末』になるとは思いませんでした。爆

 

最初はめちゃくちゃ不安で、閉店を早める事を強く勧めたお義父さんに『何故こんな早く…??』と内心は半ベソ状態でしたが、

つい先日、とある有名な老舗の書店が経営破たんし、創業70年の歴史に幕を降ろしたという情報を知ってからは、大きな負債が出る前に会社を畳むというのは最善の道だし、それが出来たうちは運が良いと思いました。

 

近所の大型スーパーの中にその老舗の書店が入っていて、私は数日前にそのスーパーで買い物中、たまたま通りがかった時に初めて知ったのですが、書店の周りはカーテンのような布で囲われていました。

店内は商品の本や雑誌がそのまま陳列されていましたが、そこには当然、店員さんもお客さんもいません。つい先週まで普通に営業していたのに…。

 

驚いてその場でスマホで調べたところ、ネットニュースに【◯◯書店経営破たん、負債3億】と出ていて全身の鳥肌が立ちました。

負債3億…

ゾッとします。血の気が引きました。

もし、ちょこ氏の会社で3億の負債があり、ちょこ氏が社長としてその負債の連帯保証人になっていたら…なんて考えたらと思うと…想像しただけで恐ろしい。

下世話で申し訳ないけれど、◯◯書店と比べたら、うちなんて全然マシかも…、こんな事で弱気になってる場合じゃないと、気合いが入りました。

 

今住んでいるマンションや車もちょこ氏の会社で社宅、仕事用車両として法人契約しているリース品なので、会社がなくなれば出て行かなくてはいけません。

この家に2年ほど住みましたが、他の住人がだらしなくてイラついたり、日当たりが悪すぎて地下室のようで体調も崩しがちなので、実は密かに引越したいなぁと思ってはいました。

でも、生まれてから親の都合などで20回近く引越しをしている私…つくづく1つの場所に根付けない星人だと痛感。笑

 

そんな私、会社のクロージングで人生最大級のストレスに晒されているちょこ氏に代わり、現在大急ぎで部屋探しをしています。

 

ちょこ氏の転職活動の期間によっては、かなり貯金を切り崩す事になるかもしれないので、家賃は今より安く、お互いの実家や行動範囲から大きく外れない場所にしたいです。

日当たりが良ければ冬の暖房費が抑えられ、風通しが良ければ夏の夜は冷房費が抑えられるので、その辺も重視。

 

前々から、もしちょこ氏が経営者じゃなくなることがあったら、絶対にちょこ氏の好きな仕事をさせてあげたいと思っていたので、転職活動中はお金の心配をせず、余裕を持って自分の興味のある職種、合いそうなところを見つけてほしいです。

 

私は元から転職や引越しを繰り返すのはお手の物だから、安心して!と冗談交じりに励ましているのですが、ちょこ氏自身は私にこんな気苦労を掛けているのと、社員たちにも申し訳ないと毎日しょんぼりして帰ってきます。

 

ある朝突然倒産して路頭に迷わせるより良かったでしょ!と背中をバシンと叩いて喝を入れてあげるくらいしかできません(´・ω・`)

 

私は心療内科の薬を減らしてからぐんぐん心身が元気になっているので、ふざけたり、どーでも良い話をちょこ氏に振ったりして、意外とあっけらかんとしています。笑

 

ひどい鬱状態だった2ヶ月間、本当に地獄を見ましたが、この先訪れる試練に備えて、体に大規模な修理・メンテナンスが入ったのかもしれない…と思うと、病んで良かったとさえ思えます。

 

2ヶ月間ろくに家事も出来ず1日中ただ薬に眠らされ続けたおかげで、体や頭の疲れはリセットされたし

ちょこ氏が毎日泣くか寝る以外何もできない私を、それでも『俺にはGUMIが必要なんだよ』と言い続けてくれたおかげで

回復してきたときに自己肯定感が少し高まった気がします。

 

何も出来なくなっていた期間の事を考えれば、今は多少家事の出来が悪い時でも自分を許せるようにもなりました。

あの頃と比べたらめちゃくちゃ出来てるしって。笑

 

以前は朝晩にきちんとしたご飯、お弁当も作り、部屋はピカピカになるまでやるので毎日どこかしらが大掃除になり時間に追われ疲れ果て、習い事とダイエットで自分を磨きながら、ちょこ氏の健康管理もサポートし、更にそのうち仕事して自分の給料を家計に入れられたらいいな、とか何でも完璧にこなそうと必死でした。

 

ひとつでも出来ないと『今日はダメな日』とカウントしていました。

何年経っても学生時代やホステス時代のトラウマがフラッシュバックして辛くて眠れない日もありました。

よく考えたらその頃から壊れ始めていたのに、無理に仕事までしようとして…大失敗こいて自己嫌悪して鬱になりました。完全に故障です。

 

でも鬱になってから、お弁当はやめたし夕飯も作れなくなりました…なのにちょこ氏は太るどころか痩せました。笑

 

ちょこ氏は『GUMIの料理美味しくて逆に食べ過ぎちゃう説!』と言っていました(´・ω・`)

あんなにストレスのないように食べ応えのある低糖質の食事を必死で作っていたのに、それをやめた途端に痩せるなんて笑っちゃいました!笑

 

仕事が忙しくてお昼が食べられないからとか、疲れで食欲ないという理由で痩せたようなので、決して喜ばしいことではないのですが、ちょこ氏が太るたびに妻として食事管理がダメなのでは…とプレッシャーになって病んでいったので、今はあまり深く考えず、自分(私)が食べたい物を適量作っておけばそれでいいのだと思うことにしています。

 

1ヶ月ぶりに夕飯を作った時、ありふれたメニューなのにちょこ氏が目を輝かせて『美味しい!めっちゃ美味しい!』を連呼していたのを見て、私の頑張る理由はこれだけでいいんだと思いました。

 

そしてテレビや外の情報を絶った事で、何かのきっかけで過去の出来事がフラッシュバックする事も減りました。

最近やっとテレビが見られるようになったら、山ちゃんと蒼井優は結婚してるし宮迫は謹慎だしで結構びっくりでした。

 

テレビが見られなくなってき出した頃は、幼児虐待や高齢者ドライバーの事故のニュースばかり取り上げられていて、見るだけで心が痛く、日に日に憔悴していきました。

今も暗いニュースは見ないようにしています。ニュースを知らなくても全然困りませんでしたし、常識ないと責める人も誰もいません。

大人として最低限、時事ニュースは知っておかなくてはならない的な思考は単なる思い込みでした。

 

的外れな思い込みで自分を縛り付けて、セルフ監禁状態だったんです(´・ω・`;A)

過去を引きずり、将来を不安視ばかりしていたら【今】の私が全然楽しくありません。

 

過去の失敗を取り返すとか、将来の不安を取り除くのを理由にして頑張り続けるのは辛く虚しいです。

でも今を楽しく生きるために頑張るなら、大変な事だって希望を持って乗り切れると思いました。

 

またガクッと落ちる事は今後も多々あるだろうけど、今の自分がしたい事をしていれば抜け出せる気がします!