こんな私が結婚しました

旦那とコスメが大好きな専業主婦による雑記ブログ

リップ愛

コスメを買ってて、ついつい「それ」ばかり偏って増えていくもの。

人によってはシャドウだったり、チークだったり、下地や基礎化粧品だったりもしますが…

 

私はリップです。

 

もう、買っても買っても可愛いのがどんどん見つかるからキリがありません。

私には唇がはひとつしかないのに(みんなそうだけど)。

 

買って満足、みたいなのではなく、毎日必ず違うリップを使って楽しんでいます。

たくさん使って遊びたいので、1回のメイクでリップを何色も使ったりもします。

 

そういう日はまず、いつも通りにその時の唇の調子に合わせて、下地代わりにヴァセリンのリップバームかDHCのリップクリームを塗って

そのあと、ティントでしっかり色付け→乾かしてティッシュオフ→似た系統の色のリップで艶出し→最後にグロスを塗ったりしています٩( 'ω' )و

 

さらに、お直し用に似た系統の違うリップを持ち歩きで使ったり。

無精者なので、基本的によほど崩れてない限りお直ししないので、飲食しなければ使いませんが、うまくいけば(?)1日で4色のリップを使う事ができますヽ(•̀ω•́ )ゝ

 

そんな私ですが、コスメにハマる前まではリップメイクが一番興味ありませんでした。

というかアイメイク以外どーでも良かった(衝撃の告白)。

 

面倒な時なんて、目はバッチリメイクなのに唇には何も塗らずに出かけたりする事もしばしば(戦慄)。

 

ティントという素晴らしい物がある事もよく分かっていなかったので、『どーせ口紅なんて塗ってもすぐ落ちるし』と思ってました。

 

ホステス時代なんて仕事中ずーっと飲み物飲んでる訳ですから、口紅なんて塗っても10分で無に帰すし

元々唇が荒れやすいので、口紅を塗るとすぐ唇がガサガサ、皮めくれ、皮剥いちゃう、出血、塗り直しても全然色が乗らない。

負のループでした(´・ω・`)

 

だからなんかもういいやーってなって一度落ちた後はそのまま放置して塗り直さないまま仕事してることが多くて、

たまに指名客全員帰って暇になったら待機室で仕方なくお直し〜みたいな感じでした。

 

ホステスはメイクが命なはずなのに、こんな美意識低い女がよく勤まったもんだと思います…笑

 

そして私の唇がまた薄くてちっさいんです。

これが本当にコンプレックスで。

 

唇の幅が広かったり、厚みがある人は濃いリップが映えるし、私の中では美人の象徴の1つだったりします。

 

私は薄くて小さいから、赤リップなんて使おうものならバカ殿みたいになるし、かと言ってヌーディーな物を塗ったらあれ、唇どこ?ってなります。唇消えちゃったよ?って。

 

何塗っても似合わない気がしてきちゃって、リップメイクが嫌いでした(´・ω・`;A)

 

でも、ちゃんと興味を持ってお勉強すると、塗り方ひとつで全然印象変わるし、グロスの下にティント仕込んでおけばグロスが落ちても色は残ってるから顔色悪くならない。

 

同じブラウン系のアイシャドウを使っているのに、リップを変えるだけで雰囲気を変えられる。

 

オレンジのリップに赤グロスを重ねるなんてやり方、今まで考えたこともなかったけど、ポップすぎたオレンジが赤グロスで少し色っぽくなったり

赤リップにブルーグロスを塗るとトーンダウンして赤々しさが和らいだり。

 

組み合わせ次第で何通りもの使い方ができるんですよね。

だから唇はひとつしかないけど、リップはいくつあっても多すぎるなんて事はないのかも。

 

無駄遣いじゃない、って自分を説得できるとますます色々欲しくなってしまいます(。・ω・。)笑

 

f:id:sweet-pain666:20180714155521j:image

↑ちょっと前ならこんな色のグロス絶対買わなかったと思います。笑

 

実際塗るとこんなに青かったり金ピカだったりする事はなくて、ラメだけ乗る感じでブルーの方はそれプラス若干ベースのリップの青みが増すくらい。

 

青みピンクのリップをブルーグロスでさらに青み増し増しにすると立体感のある濃ゆーいピンクになって好き(๑º ロ º๑)

 

『こんな色いつ使うんだよwww』って思ってた色を涼しい顔して使いこなすのが最近の快感です。爆