こんな私が結婚しました

新婚ほやほやの惚気ブログ※たまに愚痴(笑)

礼拝堂マジック

前記事の続きです。

 

私と同じ名前のプランナー、グミさんに案内され、挙式場の見学へ行く事になった私とちょこ氏。

 

グミさんから「なるべくこじんまりとしたお式にしたいとの事ですので、食事会を開く貸切の一軒家風レストランの2階を挙式場にする事も可能ですよ。

挙式から食事会までの移動も階段を降りるだけですし、人前式となりますので、ドレスでも和装でも、ホームパーティのように自由にできます♪」と提案があったので、

「是非そうしてください!!」と即答したのですが

 

「ただ、一応、礼拝堂も見てみませんか?ステンドグラスや大きなパイプオルガンなどに感動して、『やっぱりこっちが良い!!』と思い直される方も多いんですよ〜!観光地に来たつもりで、見るだけ見てみても楽しめます♪」と言われ

 

まぁ気持ちは変わらないと思うけど、ちゃんとした教会なんて見た事ないし、せっかくだし見るだけならいいか、と防御ゆるゆるの私。

 

この人に占いとかされたら、信じると思う(´°ω°`) 

 

ちょこ氏も本当は最初から教会を望んでいたので、『見るだけ見てみる』と言う私にホッとした様子でした(。・ω・。)

 

礼拝堂に向かうまでの道のりで、新郎新婦の控え室やメイクルーム、招待客専用の入り口やトイレなども見せて頂きました。

 

想像していたより広くて、方向音痴な両親が迷わないだろうかと不安に思っていると

 

「各部屋の近くにスタッフが立っておりますので、迷ったり気分が悪くなった方を控え室やお手洗いまですぐにご案内できますよ♪」とグミさん。

さすが、私の不安を見抜いている…。

 

そしていよいよ、礼拝堂へ…。大きな入り口木造の扉がTHE☆教会!!って感じでした。笑

 

グミさんは「ここにお二人並んで立ってお待ちくださいね♪」と言い残し、裏口から先に礼拝堂に入っていきました。

 

程なくして、扉の向こうからカチャン、ガチャガチャと施錠を外すような音が聞こえ、「それでは、扉を開けますね!」とくぐもったグミさんの声が聞こえてきました。

 

 

……ギィー……

 

 

ちょこ氏「(°o°:)………(絶句)」

 

GUMI「わぁ………(絶句)」

 

あまりの迫力に言葉を失ってしまいました(´°ω°`) 

 

 

f:id:sweet-pain666:20171012164349j:image

↑こちらが実際の礼拝堂です。

画像は公式からお借りしています、

無許可で……。

 

 

目の前には所謂バージンロードと呼ばれるレッドカーペットが奥まで敷かれていて、スピーカーからパイプオルガンと聖歌隊の歌声が聴こえてきます。

 

天井が想像していたより遥かに高く、入り口の真上に大きな本物のパイプオルガンが佇んでいました。

 

 「今はスピーカーからパイプオルガンの音色が聴こえていますが、お式の時には『生』ですので、オルガンも聖歌隊の歌も生で聴けます♪」とニコニコのグミさん。

まだ絶句の二人。笑

 

その後もグミさんの説明をただただ頷きつつ聞きましたが、あまり覚えていません。

 

最後に「礼拝堂、いかがでしたか?」と尋ねられて

 

「ここで式を挙げたいです」

と答えました。

 

私が。爆笑

あんだけ嫌がってたのに。爆笑

 

むしろちょこ氏の方が、礼拝堂の素晴らしさに圧倒されて、怖じ気付いてしまったようで

 

へ!?ここで挙げるの!?(o゚Д゚ノ)ノ

って顔してました。爆笑

 

「本当に!?」と聞いてくるちょこ氏を「最初に絶対絶対、教会で式を挙げたいと言ってたのは誰でしたっけ?」と睨みつけると

 

「ですよね(´・ω・`) 笑」とちょこ氏。

 

こじんまりとは言いつつ、嫌々でもどうせやるならきっちり正統派が良い、

あとから「ショボかったね」なんて思わせたくない、

 

「ちょことGUMIの挙式、めちゃくちゃカッコよかったよね!!」

 

って言われたい!

 

という私の完璧主義な一面、女の意地とプライドが湧き出てきたのです。笑

 

 

 

負けられない戦いが、ここにはある!!

 

 

って感じでした(?)

 

 

そんな訳で、その日のうちに即契約。

 

次の日曜に実際にパイプオルガンと聖歌隊の生歌が聴ける『体感フェア』の予約と、来週は食事の試食会も予約してきました( ˙-˙ )

 

少しハイになってどんどん話を進めてしまったけれど…

 

よーくよーく落ち着いて考えると、あんな素敵な礼拝堂にこんなチビデブスがドレス着て歩くなんて……と恐ろしくなり胃痛←

 

挙式は2月上旬に決まってしまいましたし…痩せなければ…胃痛←

 

恐るべし礼拝堂マジック。