こんな私が結婚しました

新婚ほやほやの惚気ブログ※たまに愚痴(笑)

私が挙式をしたくない7つのワケ

前記事に書いたように、挙式(披露宴も)に拒絶反応が出てしまう私。

自分でも漠然と「挙式なんてしたくない…嫌だ…」と思うばかりで、何がどう嫌で挙式がしたくないのか、原因を考えようとしていませんでした。

 

原因が分かれば、改善したり相談したりして出来るかもしれないということで、【挙式が嫌な自分】と向き合ってみました。

 

 

 

【 私が挙式をしたくないワケ 】

 

 

1.大勢の人の前に立たされる事が苦痛

 

中学時代くらいから、人前に立たされるのが何より苦痛でした。

学校や仕事などで、前に出て自己紹介をするのも嫌で嫌でたまりませんでした(´-ω-`)

それでも自己紹介なら数分で終わるのでまだ耐えられますが、挙式は長い時間人前に立たされる…

…というより晒されている感じがして、辛くて辛くてたまらないです。

 

2人きりかお互いの両親のみ出席の挙式なら良かったのですが、ちょこ氏は親族を呼ぶのが絶対的な希望なのだそうです…。

 

2.私側の親族がいない

 

私は一人っ子ですから当然兄弟もいなければ、祖父母も全員亡くなっています。

叔父2人のうち1人は行方不明、もう1人は前科持ち&亡くなる前の祖母に虐待まがいの事をしていたアル中だったので数年前に絶縁しています。

連絡が取れる親戚なども生活保護を受けていたり入院していたりと訳ありが多く、出席できる人がいません。

私には両親2人しか呼べる人がいません…。

 

3.ちょこ氏側の親族が多い

 

親族がいない私とは真逆で、姉夫婦2組にその子供たち、叔父叔母たちとそのパートナー+娘息子孫など…

最低限の人たちだけ呼んでも30人近くいます。

 

それも私が顔と名前が一致するのは姉夫婦+子供たちと叔父叔母の2人だけで、あとは1度顔を合わせて挨拶をしたくらいか、会ったことのない(会ったかどうかの判断もできないほどの)人たちばかりです(´・ω・`) 

 

4.親族に対する価値観の違い

 

私がちょこ氏に「私には両親以外親族がいない」というと「俺の親族だってこれからはGUMIの親族だよ?」というのです。

ちょこ氏の言いたい事は分かりますよ。

たしかに結婚したらみんなが私の身内。

 

そんなことは理解しているけど、私が言いたいのはそう言う事じゃなくて…

説明の仕方が難しいですが、『それはそれ』なんです。

私からしたら好き嫌いは置いといてちょこ氏の親戚はあくまでちょこ氏の親戚。とても近しいけれど、やっぱり他人なのです(´・ω・`;A)

そんな中、私には両親のみ。完全にアウェー。

余計に晒されている感じがします。

 

そして私には、ちょこ氏の「お世話になった親兄弟親戚一同に感謝と恩返しがしたい」という感覚がないのです。

 

薄情だと思われそうですが、存在しない親族に感謝する所なんてイメージのしようがありません。

『無い袖は振れない』ということわざは少し意味がちがいますが、要はそんな感じです。

 

もし逆の立場でちょこ氏が親族ゼロで私の親族がうじゃうじゃいても同じ事言える?と問いたいけれど、それも私と同じで、ちょこ氏に存在している親族をいない事にして私の立場になってみることなんて『無い袖は振れない』状態なんですよね。

 

もちろん私にも両親はいますが、母も挙式披露宴をした事がないし、

「GUMIがしたくてするならまぁそりゃ楽しみにするけど、もし親孝行のために嫌々やるっていうなら、別にしなくても親孝行なんて他にいくらでもしてもらえる事があると思ってるから無理するところは見たくない」

と言われているので挙式へのモチベーションは親子ともにゼロ。笑

 

5.容姿のコンプレックス

 

禁煙してから6kg増えましたが、仮にその6kgを戻したとしても、くびれのないウエストや太い二の腕など、痩せてた時からのコンプレックスは変わりません。

 

主に上半身にコンプレックスが固まってるので、脚やお尻だけ隠せば大丈夫♪なんて事にはなりません(´・ω・`)

 

さらに、私は歯科恐怖症で長い間奥歯が欠けた状態のままだった時期があり、噛み合わせが歪んだせいで顎が曲がっています。

 

周りは「言われないと分からない」とか「よーーく見ないと気付かないよ」と言いますが、

写真などの静止画で見ると、女優のともさかりえさんのような感じで歪みがあるのが分かります。例えに出してしまって大変失礼ですが…。

 

その為、いくら綺麗にメイクやダイエットをしても、顔の歪みやスタイルが気になって写真が本当に嫌いだし、過去の写真を見返すのも嫌です。

 

そんな大嫌いな容姿を抱えてウエディングドレスを着せられてもつらいだけで全然嬉しくありません…

私服のように自分のコンプレックスを隠したり出来るような物ならまだしも、露出度高めで膨張色の白や淡い色。

私にはコンプレックスを目立たせるための嫌がらせの服としか思えません。

「デブスがここにいます!」と宣伝させられているみたいで恥ずかしくて居たたまれません。

 

私的に「ウエディングドレスが着たい!」と言えるのは自分に自信がある人だけだと思います。

 

6.写真映りが悪い

 

5.のコンプレックスにあるように顎が歪んでいる事や上半身のコンプレックスのオンパレードが全て写ってしまう事もあり、写真映りは最悪です。

 

そこにさらにコンプレックスを気にしたり、人前で緊張したりという事もあり、笑顔なんて皆無。笑えと言われると余計に引きつってしまいます。

 

頑張って口角を上げたつもりでも、実際見て見ると仏頂面の顎が曲がった小太りです。

 

挙式をして「写真を1枚も、誰とも撮りません」なんて事言えないですよね。

つまり挙式=デブスを晒される上に写真によって歴史に残されるというダブルパンチなんです( ˙-˙ )爆

 

7.人前でキスしたり愛を誓ったりする儀式

 

お酒の席やノリとかは割と平気なタイプです。笑

だけど、かしこまった場でみんなが真剣に見ている。

そして見られている自分は顎が曲がったデブス。地獄かよ(´・ω・`)

 

緊張しいなのに「誓います」の一言ではあるけど、みんなの前で喋らされる。

指輪を交換するのも、緊張でモタつくかも。

もし指輪を落として転がってしまったら?

地獄かよ(´・ω・`) 笑笑

 

神父(゜,_ゝ゜)「健ヤカナルトキモ、病メルトキモ…愛スル事ヲ誓イマスカ?」

という外人カタコト神父のイメージもあって、正直ちょっとアホっぽくて尚更抵抗があります。

神父が外人さんとは限らないのはもちろん分かってますが、なんかその儀式が嫌です。

 

そして人前でキス。『恥ずかしい』なんて可愛らしい言葉では表現しきれません。

みんなに見られながらキスをする自分に嫌悪感すらあります。

両親に見られると思うと胃が痛くなります…。

 

以上が『私が挙式をしたくない7つのワケ』です。

 

漠然としていた気持ちも、書き出してみるとものすごく具体的になってしまい、原因はよく分かりましたが、尚更イヤになってしまいました(´;ω;`)爆

 

こんな気持ちで挙式をして、本当に意味あるのかな……。

 

次の記事で『どんな挙式ならしても良いも思えるか』を考えてみようと思います(´・ω・`)