こんな私が結婚しました

新婚ほやほやの惚気ブログ※たまに愚痴(笑)

雨降って地は固まるのか

ちょこ氏にお弁当を作り始めて約半年…。

 

初めてご飯を入れ忘れました。爆

 

ちょこ氏のお弁当箱は2段なので、上がおかずで下がご飯になっているんです。

それが何を思ったのか、上のおかずだけを魔法瓶みたいな保温ケースの中に入れて渡してしまったようです(°o°:)

 

時計を見るとちょうど休憩時間だったので、ちょこ氏に電話してみました。

 

ちょこ氏「もしもし」

GUMI「ちょこ氏ごめん!!おべんとご飯入れ忘れた!」

ちょこ氏「ん?なになに?」

GUMI「入れてたご飯、ご飯入れ忘れた!」

 

自分の凡ミスに慌てて言葉がめちゃくちゃです。笑

 

GUMI「朝渡したお弁当、おかずの箱は入れたんだけどご飯の箱入れ忘れちゃったの〜!ごめんけど、おにぎりか何か買って食べてー!」

 

ちょこ氏「あー、そんなことか!大丈夫大丈夫♪わかったよ!笑 お茶買いにコンビニ来たとこだからおにぎり買ってくわ♪」

 

というやり取りで電話を切りました(o゚Д゚ノ)ノ

 

何故突然ご飯入れ忘れるという凡ミスをしたのか…理由はすぐに分かります。

 

昨日、今までにない喧嘩をしたショックで完全に頭がボーッとしていたからです。笑

 

喧嘩と言っても、例によって私のストレスが爆発して、わかって欲しいと主張するというものでした。

 

私の土曜の恨みつらみの話から始まり、今後あんなアウェーな場所でみんなから放って置かれるなら私はいなくてもいいって事だから帰る。

そもそもちょこ氏の友達は酒癖が悪くて好きになれない。

 

具体的な事は何も決めていないのにやたら周りの人に挙式の話ばかりする。

 

ちょこ氏の知人に会った後はとても気疲れしてるからもう少し労ってほしい。

 

ちょこ氏が飲み会続きだと、疲れるのはちょこ氏だけじゃない、夜中起こされ寝不足の私もいつも疲れてる。

 

掃除した場所から汚されていく。

床やソファに脱いだ服を置く。

ちゃんと毎日片付けてる人がいるから部屋が綺麗に片付いているんだという事を分かってない。

 

全部言いました。止まりませんでした。

ちょこ氏は打ちひしがれたような顔をしてしばらく黙って聞いていましたが…

 

ちょこ氏「今聞いてて思ったのは、俺はGUMIが望んでる事何1つしてあげられてなかった…

頑張ってるつもりだったけど真逆の事をしてた…このまま結婚したらGUMIがもっと苦しい思いをするかもしれない…

俺が早く結婚したいって焦りすぎたのかな…

GUMIの為にもう少し入籍を延期した方がいいのかな…」

 

 

はい!?!?

 

私、衝撃(o゚Д゚ノ)ノ爆

 

入籍を延期するって、今週の金曜入籍予定なのに??

 

その後立て続けにあちこちからお祝いに呼ばれてるのに??

 

GUMI「なんでそうなるの!?

今不満言ったんだから、それをこれからしないように気を付けてくれれば良いだけの話なのに、今更延期って言葉出すなんてひどいよ!

いつもGUMIの為にとかGUMIが決めていいよとか、私優先みたいな言い方するけど、ちょこ氏が決めたくないから決定権ぶん投げてるだけじゃん!

俺が悪いんだって言いながらいつも私が悪者みたいになるじゃん…」

 

そこまで言ったあたりで涙が止まらなくなり、嗚咽に変わり、息苦しくなりました…。

指先と目の奥が痺れてきました(°o°:)

 

あ、やばい…と思ってると、ダイニングテーブルの向かいに座ってたちょこ氏が私の方まで飛んでくるのが見えました。

 

多分過呼吸です(´・ω・`) 

しばらく背中をさすられ、水を飲み、落ち着いてから話し合い再開。

 

その後、「入籍延期と言ったのは本当に俺が焦りすぎちゃったのかと思ったから言っただけで、延期したくなったわけじゃない」と説明され、

予定通りの日に婚姻届を出しに行く事で話がまとまりました。

 

ちょこ氏も自分の悪かった所をこれから少しずつ直すと言ってくれて解決しました(´・ω・`) 

 

寝るときも手を握って寝て、今朝も私が寝てるとちょこ氏がくっついてきたり、いつも通りだったし、さっきの電話もいつも通り。

 

だけど、今こうしてブログを書いてると「入籍を延期した方がいいかも」という言葉が突き刺さって、また涙が出てきました(´・ω・`;A)

 

ちょこ氏の本意じゃなかったにせよ、延期という言葉が出た事が私には大変ショックで恐ろしかったのです。

これから先、言いたい事を言えばまた「GUMIの為に離婚した方が…」と言われるのではないかと思うと怖くなりました…。

 

ちょこ氏も私の口撃に同じくらい傷つき、自信がなくなっての発言なのだとは思います。

 

私にはそんなつもりはなかったのですが「俺や俺の家族も全否定された気持ちだったし、幸せなのは俺だけでGUMIはずっとストレス溜めてたんだと思うと申し訳なくて苦しい」と言っていましたから。

 

ちょこ氏は捉え方がいつも極端なのです。

 

苦手=嫌い、疲れる=嫌い、直して欲しい=嫌い、つらい=別れたい、悲しい=別れたい。

勝手にそう解釈して、身を引こうとするのです。

 

優しくて感受性が高いから、真正面から受け止めようとしてしまうのでしょう…。

 

でも、もっとドンと受け止めて欲しい時もあります。だから昨日も今まで言えなかった事を言いました。

入籍が迫っているからこそ、その前に伝えなきゃと思って言ったのに…。

 

それがまさか「こんな状態で入籍してはいけない」と思わせてしまうとは。

 

言葉は難しい。気持ちを伝えるのも汲み取るのも難しい。

 

仲直りしたはずだけど、私は昨日のショックをまだ引きずっているみたいです…。

 

本当に2人の為に延期した方がいいのかなという気持ちさえ出てきました。

 

気持ちをまとめようと書いたはずが、余計に混乱です(°o°:)

 

あったかいお湯に入って少し気持ちを落ち着かせます…