こんな私が結婚しました

新婚ほやほやの惚気ブログ※たまに愚痴(笑)

左利きは早死にするらしい

今さらですが、先週の火曜に『マツコの知らない世界』で【左利きの切なさを知ってほしい】という特集がありました。

私も左利きなので、この回はとっても楽しみにしていたんです(。・ω・。)

 

だけど。

この番組見てない方や右利きの方に説明するのがとても難しいんですけどね、

 

正直言って…『コレジャナイ』感。

 

ゲストの方は本当に左利きなの?ってくらいズレてるし、主張が弱い!!

って思ってたら、幼い頃に右利きに矯正されて今は右メインで使っているそう…。

 

矯正されるストレスはとてつもない物だったと思うのですが、幼なすぎて覚えてないらしいし、もう普通の人とほぼ同じじゃんっていう( ˙-˙ )笑

 

そもそも、左利きは世の中の道具の使いにくさが当たり前になってて、案外日々の生活で切なさなんて感じてません( ˙-˙ )笑

 

強いていうなら天才肌だとか手先が器用と思われる事が多いけど、右利き専用の道具であふれているので

何を持ってもなかなか上手に使いこなせず、むしろ不器用な人が多いんですよね、左利きって。

だから、「器用じゃないよ、全然…」という切なさはあるかも。笑

 

とにかく、あまり共感できなくて

 

全然分かってないよアンタ!!

って思いました。

 

では具体的に左利きがストレスを感じる場面ってどんな時だ??という事で、完全に私の独断と偏見でストレス度数を★★★★★で挙げてみました٩(●˙▿˙●)۶ 

 

 

〜 左利きの ここがツラいよ 〜

 

ストレス度数

【ハサミ・カッター・包丁・缶切り】…これらは一番分かりやすい左利きのストレスですね。でも冒頭でも書いたように、我々左利きはもう世の中の右利き専用の道具に慣れてるんですよ。

だから、案外普通に使ってます。

というか使えるようになりました。

 

むしろ右利き用に慣らされた後、親に「左利き用ハサミ見つけたから買ってきたよ!」と言われても「え…使いづらっ!!」ってなります。笑

 

ストレス度数★★

【習字】…私はどうしても右手で筆を持って字を書く事が出来なかったので、習字でも完全に左手オンリーでした(´-ω-`)

クラスメイトにはヘタクソと言われるし、先生には右手でやれと言われるしで本当に習字大嫌いでした。

 

夏休みの宿題の習字は、教科書の見本の上に半紙を置いてなぞり書きしたり、ハネやハライの部分は塗り絵のように塗りつぶしていました。笑

 

自分の名誉のために言いますが、普通のペンで字を書けば下手ではないと思います。笑

お義母さんにお手紙書いた話

 

【横書きだとボールペンのインクや鉛筆が手につく】

…まぁ縦書きの時はつかなくて良いのですが、圧倒的に横書きの機会の方が多いので不公平感はありました。笑

そして、せっかく丁寧に文字を書いたのに「できたー!」と思って見てみたら手で擦れてしまったインクで文字が滲んでいてゲンナリ…なんて事はしょっちゅうです。

書き始めは手を浮かせて気を付けているけど、真剣になりすぎると忘れちゃいます( ˙-˙ )笑

 

ストレス度数★★★

【自販機の小銭をいれる時】

他の左利きからは『手をクロスして小銭を入れなきゃいけないからやりづらい』と聞きますが、

私は何とか順応しようと、右側にある物には基本なるべく右手でやってしまうのでクロスは滅多にないです。

 

ただ右手はやはり使い慣れてないので、小銭を落とす事はあります。笑

番組のゲストの男性が『自販機の下に落ちてる小銭はほとんどが左利きが落とした物です!』っていう冗談だけは『わかるー!』と笑いました(´°ω°`) 

 

【改札口に切符を通す時】

これも自販機と同じ理由でクロスする事は滅多にないですが、地下鉄とバスはICカードで払っていて、ピッとかざすだけなので右手でやってももたつかずストレスフリーです♪

 

【ダンスが合わない】

振り付けは覚えられるし、リズム感もないわけではないけれど、無意識に出る足や手が左なので、相当意識してないと手足の振りが周りと左右逆になってしまいます( ˙-˙ )

だから、振り付けの他に『右腕から!右足から!』という事にも集中しなきゃいけないのが疲れます。笑

 

【名札の位置(通常は左側に付ける事が多い)】

学生時代の名札やバイト先でつけてたネームプレート…

だいたい左側につけるよう言われるのですが、左手で左側に名札の安全ピンをつけるのって案外やりづらいです。

別に右側につけたっていいじゃん、と思うのですが、統一性を大事にしたがる国だから仕方ないのかなぁ。

 

何度手元が狂って左おっぱいに針を刺してしまった事か…(´;ω;`)爆

 

【食事で肘がぶつかる】

慣れましたけど。そもそも座る前に左利きだと申告して肘がぶつからない場所を譲ってもらいます。

ただ、混んでるカウンター席とかで知らない人が左側に座ると、少しでも相手を不快にさせないよう、ものすごく脇を締めて食べます(´°ω°`) 笑

 

ストレス度数★★★★

【定食の食器の位置(通常は左にご飯が多い)】

【焼き魚の頭の向き(通常は左に頭)】

【お寿司の向き】

【箸置きの向き】

 

食器の位置や、魚や箸置きの向きなどはどこに行っても『右利きの人が食べやすい位置』に置いてあります。

 

お寿司を試しに左手で食べようとしたマツコは「別にこうすればいいじゃない!」と皿の向きを斜めにしていたけど、食べづらいのが嫌なんじゃなく、無作法に皿を斜めにしたり食器の位置を逆にするのが嫌なんです。

 

だから焼き魚も皿を逆さにしたり裏返したりせず、なるべくそのまま食べてますが、超食べにくいです。

 

母は私に焼き魚を出す時は右頭にして出してくれていたのですが、それが普通だと思って何の疑問も感じてなくて、本来左頭だったと知ってからは「外で恥かくから私も左頭にしてよ〜!」と右利き仕様で出してもらう事にしました。笑

 

茶碗の位置は変えてもあまり目立たないので、どうしても食べにくい時は逆にします。

 

逆に、自分が配膳するときに無意識に左利き仕様に置いてしまう時があって、「気が利かない」とか「非常識」と言われた事があります…これも案外ストレスです。

 

 

ストレス度数★★★★★

 

【急須】…マツコでもやってました。通常急須の形は右利き専用ですね。

左手でやり慣れてしまったので普段は何とも思わないけれど、人前では右手に持ち替えるので、手元が狂って淹れすぎたりこぼしたりする事があり、その時はすごくイラっとします。笑

 

【スープバーのおたま】…これほんと腹立ちます。

右利きの方は「え?何が腹立つの?」と思いますよね。

これを見てください。

f:id:sweet-pain666:20170922172529j:image

↑これが一般的なファミレスで使われている、極々一般的なスープバーのおたま。

右手で持つと先が細くなっている方が手前にくるので注ぎやすいですよね。

 

これ左で持つと丸くなってる方が手前にくるし、傾いたスープの重心が変わって不安定なんです。

左手で持っても、右手に持ち替えても持ちにくくて手にスープをかけてしまった事があります( ˙-˙ )イライラどころじゃなく、食べる気失せます、本当に。

 

以前ちょこ氏と行った温泉の夕食バイキングで、両利き用のおたまを見つけた時は「ここのホテルは素晴らしい!!」と絶賛しました。笑

 

【「左利きなんだね!」と言われる】

これのどこが?と思われそうですが、左利きが左利きを指摘されるのってかなりストレスです。

 

自分ではこれが当たり前なのに、初対面の人に必ず、必ず、必ずと言って良いほど!!!

 

「あ、左利きなんだ〜」

「え、左利き!?」

 って99%聞かれます。

正直うんざりです。笑

 

だって右利きの人は何かするたびにいちいち「右利きなの!?」って聞かれませんよね?

しょっちゅう同じ質問されるの面倒です。笑

 

なので、「あ、ハイ左利きですけど」とかなり塩対応で答えてしまいそうになります( ˙-˙ )

 

そしていつも「おぎやはぎですが何か問題でも」というフレーズが頭をよぎります。

 

「左利きですが何か問題でも」

 

ところが問題ある場合もあるんですよねー。

 

お年寄りなどは未だに「左利きは右に矯正するものだ!」と言う考えの人もいるので、左利きだとバレると

「親がだらしないんだね〜」とか「みっともないから今からでも直しなさいよ〜」と言われる事がありました(´-ω-`)

 

 これも結構なストレスです。

 

以上、左利きのここがツラいよ でした。笑

 

ちなみに、左利きの人は右利きの人よりも早死にする可能性が高い説があるそうです。

 

上記のような左利きにより心理的ストレスが原因なのか、平均寿命は右利きの人より9年も短いとか(´-ω-`)

 

物理的にも、世の中の物はほとんど右利き用に作られているため、包丁やハサミなどによる怪我、車や大型の機械による事故率なども左利きの人が圧倒的に高いらしいのです…。

 

だけどこの説は信憑性が薄く、学説的には支持されていないとか…( ˙-˙ )

 

いや、私は信じるよ。

左利き、面倒くさいもの。

 

というぼやきでした。笑