こんな私が結婚しました

新婚ほやほやの惚気ブログ※たまに愚痴(笑)

やっぱり絹ごし

麻婆豆腐の話ですヾ(o´∀`o)ノ

 

昨日、マツコの知らない世界でレトルト麻婆豆腐の世界をやってて、ちょこ氏と観ていました。

 

ちょうど買い出しで麻婆豆腐の素を買ってきた所だったので「明日は麻婆豆腐にする」と言うと、

 

「俺、昔はあんま麻婆豆腐好きじゃなかったけど、大人になって初めて絹ごし豆腐の麻婆豆腐を食べて、好きになったんだよね」とちょこ氏がいいました。

 

私は昔から祖母が作る絹ごし豆腐の麻婆が大好きでしたが、今は母の木綿麻婆に慣れて、自分で作る時も木綿麻婆がほとんどでした。

 

「確かに、絹ごしで作った麻婆豆腐はつるんとしてて美味しいんだよね〜。でも自分で作ると煮崩れしちゃって、木綿の方が簡単なんだよね〜」と答えて、

 

ちょこ氏の「GUMIが作った麻婆は木綿でも美味しいよ(*´ω`*)」という優しい言葉を聞いてホッとしていたんですけど…

 

これでいいのかGUMIよ。

 

ちょこ氏が絹ごし豆腐の麻婆が美味しかったと言ってるのに、木綿で妥協していいのかと。

 

もっと喜んでもらえるように絹ごしに挑戦しないのかと!!!

 

 

と言う事で、麻婆豆腐。研究してみました。

 

どうやら、絹ごし豆腐をただ水切りして切って入れるだけでは、やはり煮崩れしてしまうそう。

見た目も美味しく作るには『湯通し』が必要みたいです。

 

豆腐の中の水分を出す事で、豆腐が少し固くなるし、調理中に水分が出てこないので味が馴染みやすく、ヘラで何度もかき混ぜなくても良くなると、型崩れもせず食感も良くなるという事らしいのです٩(๑´꒳ `๑٩)

 

念には念をと言う事で、湯通しする前にも塩水につけて水分を出してからひし形に切ります。

(ひし形の方が四角より衝撃に強いらしいです)

 

ぷるんぷるん(*´ω`*)

塩水につけただけでもぷるぷるしていました!!

 

次はまた鍋に塩水を入れて、そこに豆腐をそっと入れて加熱。

 

この時のポイントはなるべく沸騰させないだそうです(。・ω・。)

私は1回沸騰しちゃいました…笑

 

沸騰手前のお湯で5分ほど煮まーす。

 

そして、ざるに上げたら水が切れるまで少し置いておきまーす。

 

私はクックドゥの麻婆豆腐の素を使うので、後は普通にひき肉を炒めて作っていきまーす。

 

f:id:sweet-pain666:20170823142456j:image

↑うーん。やっぱり少し崩れちゃいました(´・ω・`) 

この後さらに具材を足したので混ぜる時にまた少し崩れちゃいました。笑

 

でも味見すると…

 

美味しい♡(*´ω`*)

 

やっぱり木綿より絹ごしの方がつるんとしていて美味しいです!

よく湯通ししたので味が馴染んでいるし、若干のぷるぷる感もあるのに噛むと滑らかでクリームのような感じもあります!!

 

そして、キクラゲと長ネギを入れてみたのも良かったようで、キクラゲのコリコリと長ネギのシャキシャキが楽しいですヾ(o´∀`o)ノ

 

反省点としては、キクラゲやネギは豆腐を入れる前に入れて混ぜておくのと、豆腐そのものをもう少し大きめに切る事。

 

今回は2cm角くらいでしたが、2.5〜3cmくらいにしておくと、崩れてもある程度の大きさが残るかなぁという感じでした(*´﹃`*)

 

帰宅したちょこ氏も「うまーっ!!」と言ってくれたので今回この辺で勘弁しといてやります。笑

 

次回は反省点をいかして、もっと美味しく作ります( ・`ω・´)

 

※こんなに張り切っているのに、レトルトでしか作らないという事には突っ込まないでください。笑

麻婆豆腐と麻婆春雨と麻婆茄子は必ずレトルトを使います(´°ω°`) 笑

 

明日は何を作ろう〜。

 

献立が浮かびません。笑