こんな私が結婚します

嫁入り前の専業彼女が書く惚気ブログ

婚約指輪の刻印

実は水曜日に婚約指輪をもらいました。

ちょうど禁煙と断酒の記事を書いた後の出来事です。

↑この記事の後です

 

指輪のことは大切に、丁寧に書きたかったので、後日ゆっくり文章を考えようと思っていたら書くタイミングを逃してしまっていました(´・ω・`;A)笑

 

火曜のお昼に「ご婚約指輪が仕上がりました」とお店から連絡をもらったので、その翌日の夜に、仕事が終わったちょこ氏と一緒に指輪を受け取りに行く予定でした。

 

ところが、水曜のお昼に何故か突然ちょこ氏が帰宅(o゚Д゚ノ)ノ

 

GUMI「あれ、お昼休み?帰ってくるなんて珍しいね!」

 

ちょこ氏「GUMI楽しみにしてたから、休憩時間に指輪屋さん行って受け取ってきた!」

 

「えーほんとー!?ヾ(o´∀`o)ノ」と驚いている私にちょこ氏が小さな箱を取り出し、指輪を見せてくれました。

 

 

f:id:sweet-pain666:20170812122538j:image

自分で選んだのでもちろんどんな指輪かは知っていますが、仕上がりは予想以上に綺麗で言葉が出ませんでした。

 

「すごい…キラキラだね…綺麗…!!」やっとのことで感想を述べると 

「あ、俺が着けてあげるから待ってね!」とちょこ氏が指輪をケースから取り出し、そっと左手の薬指に嵌めてくれました。

 

 

 f:id:sweet-pain666:20170812124017j:image

f:id:sweet-pain666:20170812124134j:image

f:id:sweet-pain666:20170812131303j:image

 

 

ダイヤの輝きが強すぎて、反射してしまいなかなか上手に撮れませんでした。笑

 

「内側の刻印も読んでみて」とちょこ氏に手を握られて、「ああ、そういえば!」と一度指輪を外し、内側を見てみました。

 

私、指輪の刻印と言えば、記念日とか名前を入れるようなイメージが勝手にあったんです。

 

だから、ちょこ氏なら2人の名前か付き合った日かな〜なんて思っていました。

 

内側を見て目を凝らします…

 

イエローゴールドのリングだったので、文字も薄く刻印されていて少し読みにくいけれど…

 

『Always with you 

 

お、名前や日付じゃなかった!!

 

ちょこ氏が隣で刻印の意味と理由を教えてくれました。

 

「これはね、『いつもあなたと一緒』っていう意味だよ」

 

「GUMIは寂しがり屋でしょ?だから、目の前にいない時でも、心はいつもGUMIの側にいるからね、っていう意味を込めて…どう?」

 

うーーーーー(´;ω;`)

 

感極まって涙。笑

 

「はいはいヨシヨシいい子だね」と笑って頭を撫でるちょこ氏。

 

昨日のいじけ涙の時もそうだけど、ちょこ氏はもう私の涙には慣れっこです(´・ω・`)笑

 

泣き虫な私は怒ってても嬉しくてもすぐ泣いてしまうから。ちょこ氏には何十回涙をふいてもらったかな…。

 

どんなに涙に見慣れていても、常に私の気持ちに寄り添ってくれます。

 

昨日の自己嫌悪がひどかったのも、指輪の刻印の意味を思い出していたからです(´・ω・`)

 

ちょこ氏はこうやって私をいつも受け止めてくれるのに、荷造りくらいでイライラして、私って心狭いなって。笑

 

ちょこ氏にはいつも幸せをもらってるけど、私はちょこ氏の事をちゃんと幸せにしてあげられているかな、と不安になってしまいました…。

 

と、昨日の事と相まって、書いてるうちにちょっとネガティブな記事になってしまったけど

 

『Always with you』という言葉は私からちょこ氏に対して想う言葉でもあるので、ちょこ氏の気持ちに寄り添ってあげられるパートナーになりたいなと思いました。

 

二度寝から起きたらちょっと体調が悪かったので、掃除は無理しない程度にしようと思います。

退去の立会いまでに終わらせればいいかと、少し自分に甘くしてみます。 

 

荷造り中に指輪を傷付けたくなくてまだあまり着けられないので、早く引越して思う存分指輪を着けたいです(*´ω`*)