こんな私が結婚します

嫁入り前の専業彼女が書く惚気ブログ

初めてのヤキモチ

今日はこれから美容室です。

場所は家からバスで40分くらいの所(´・ω・`) 

実家にいた時は15分くらいだったんですけどね〜。

 

一人暮らし再開した時に「ここは遠くてもう来れないかも…思い切ってすすきのの美容室にでも行ってみるか!」とか思ってたのに、やっぱり慣れた所じゃないと行く気になれず、結局未だに通っています。

 

バス40分は結構長い( ˙-˙ )

 

そして今さっきバスに乗って、ドアが閉まる直前に、停留所に私の折りたたみ傘のケースが落ちているのを発見(´;ω;`)

 

取りに行きたい!けど、もう発車するし…

後ろの席から運転手さんに向かって大きな声で「停留所に落し物しました!!ちょっと待ってください!!」と言う勇気がありませんでした…。

多分、言えば快く待ってくれるとおもうんだけど…言えない、私には言えない。笑

停留所は家の前なので、帰りに見に行ってまだ落ちてる事を願います。

 

ケースや袋なしの折りたたみ傘って、最強にカッコ悪いです(´-ω-`)

 

気を取り直して、久々の美容室楽しんできます♪今日は明るかった髪を黒に近い茶髪にしようと思いますヾ(o´∀`o)ノ

イメチェンも楽しいけど、いつもサービスでシャンプー後にマッサージしてくれるのが楽しみなんです。笑

 

そして、いつも指名してる店長(男性)が本当に感じの良い人で、腕も確かだし、腰が低くて話しやすくて、シャンプーも上手で、私が働いてた時は接客の参考にしたくらい素敵な方なんですよね。

ちょこ氏にも前からその店長の話をしてたんですけど、どうやら男性だということを知らなかったみたいで…

 

GUMI「明日楽しみだなー。店長のシャンプー本当気持ちいいんだよね♪やっぱ男だから力強いのが良いのかねー」

ちょこ氏「え、その店長さんって男の人だったの!?」

 

GUMI「え、うん。前言わなかった?イケメン店長って」

ちょこ氏「GUMIって女の子の事もたまにイケメンって言うじゃん」

確かに、サバサバしてかっこいい女性をイケメンと表現する事はたまにありました…(´°ω°`) 

 

ちょこ氏「………ふん…そっかぁ」

 

若干複雑な表情のちょこ氏。

 

口にはしないけど

「もしかして…もしかして…

ヤキモチ妬いてくれてるのーーー!?

と心の中でニヤニヤしてました。笑

 

そんなこんなで、明後日の両親の顔合わせに備えて、綺麗にしてもらってきます( ´,_ゝ`)