こんな私が結婚します

嫁入り前の専業彼女が書く惚気ブログ

喧嘩しなくて仲が良い

眠い。毎日毎日もれなく眠いです。

平日は遅くても6時半には起きています。だいたい毎日6時〜6時15分起きで、やる事多い日は5時半起きです。

 

引越したらちょこ氏が今より会社から遠くなるので、その分20分ほど早く家を出なきゃいけなくなります。

すると必然的にお弁当と朝食を出す時間も早くなり、当然起きる時間が早くなります。

多分、5時半起きが当たり前になってくる事でしょう。

今からちょっぴり憂鬱(´・ω・`)

 

昨日は新居での生活を巡ってまたちょこ氏と話し合いをしました。

少しずつだけど、言いたい事を我慢せずに伝えられるようになってきたかも。

私は『喧嘩するほど仲が良い』と言う言葉はあまり好きではありません。喧嘩なんてしない方がいいです。

 

だからと言って今までのように面倒な事になりそうな話し合いを避けたり、相手に感じた疑問や不安を押し殺したり、極端に気を使った言い方をしすぎるのもやっぱり良くないですよね。

これから夫婦になる2人だから、踏み込まなきゃいけないこともあると思って、昨日は聞きにくかったお金の話や両親の話なども聞けてよかったです(*´ω`*)

ちょこ氏も聞けばすべて答えてくれるので、それを聞いて今まで私が「なんでそうなるの???」と謎だった言動を初めて理解できてすごくすっきりしました。笑

 

 この前の件もこれからは私が外食費も管理する事でまとまりました♪

ていうか、ちょこ氏は前から「GUMIにすべてのお金を任せて、自分は小遣い制でいい」と言っていたのに、私が「経営者は付き合いとかもあるし…」と生活費・貯金(あと私のヘソクリ少し)を抜いた残りのお給料を全部ちょこ氏に渡していたのが悪かったんですよね(´・ω・`) 

 

自分で勝手に沢山お金を渡しておいて「その中から貯金もしておいて欲しかった」というのは、ちょこ氏の個人のお金に干渉するという事で、私が逆の立場だったら「私の小遣いなんだから好きにさせてよ!」と思うはずなんです。

今回はお金の管理の仕方が中途半端だった私に問題があったという事ですね。

 

改めて話せば話すほど、ちょこ氏は本当に「GUMIの嫌がる事はしない」、「GUMIがやりたい事を尊重したい」、「GUMIが楽しめるような事をしたい」と心から思ってくれている事が分かりました。

 

日頃からその気持ちはもちろん伝わっているけど、昔から疑り深くて自分に自信のない私は「なんだかんだ、みんな最終的には自分の都合で物事を決めるもの」と思っていました。

 

お小遣いに関しても、物欲はなくても自分のお金はなるべくたくさん欲しいだろうと思っていたんですが、実際希望を聞くと「たったそれだけでいいの!?」という額を言ってきたし、自分のより、私に多くお小遣いを渡したいと言うのです( ˙-˙ )

私はお金に細かいタイプなので、こんな欲がなくて、見栄とかじゃなくて心底気前の良い人なんてこの世にいるんだ…と目から鱗でした。

自分の性格の悪さと暗さを反省しました(´;ω;`)

 

ちょこ氏を見習って、もっともっと相手を想って行動できる人になりたいものです。

喧嘩はしなかったものの、また中身のある話し合いが出来て良かったです。

 

小さなマリッジブルーをいつもその都度消してくれるちょこ氏に感謝。