こんな私が結婚します

嫁入り前の専業彼女が書く惚気ブログ

一件落着

前記事、解決しました。自分のイライラ加減がひどくて読み返すのも嫌だったので消してしまいました。読んでくださった方、ごめんなさい(´;ω;`)

 

ちょこ氏帰宅後、初期費用の内訳の書類を見せてもらいました。

前家賃や駐車場の初期使用料や火災保険など含めると確かに納得の金額。

 

そして、結婚費用の口座から出そうとしたのは、あくまで先払いの分が間に合わなかったから。

 

あと、ちょっと衝撃だったのが、ちょこ氏個人の貯金が、私の知っていた頃の額からかなり減っていたという事。

これは、私が1人で住んでた頃の部屋の違約金や、会社関係の出費、そして毎週日曜の外食などが塵も積もって…なので、ちょこ氏は別に浪費していた訳でもないし、私の為に使ったものがほとんどだし…(´-ω-`)

 

だから責める事もできず…。知らなかったとは言え、ちょこ氏の出費額をきちんと把握せずに、誘われるがまま外食していた事を反省…(´・ω・`;A)

でもなんで、貯金がどんどん減ってるのに外食や私へのお小遣いを渡すんだよー…余裕があるからそうしてくれてるんだと思って気にしていなかったのに。普通ある程度減ってきたら使わないように気をつけるだろ〜…。

 

私がちょこ氏にもらったお金を使わずに結婚費用の口座や私個人の貯金に回していたから良かったものの…。

もし私がめっちゃ無計画で「ちょこ氏余裕ありそうだし、せっかくもらったお金だからパーっと使っちゃお♪」って全部使ってたら今頃カツカツだよ(´・ω・`)

 

ちょこ氏の言い分は「結婚費用は結婚費用の口座に貯めてあるし、俺は欲しいものもないし、俺個人の貯金が減っても給料的には普通に毎月生活も出来るし結婚費用の口座には貯金も今まで通りできてるから大丈夫だし、俺の貯金が減ったからって、お金がないとは感じなかった」と。

 

大丈夫じゃないからっ!あると思ってた物がなかった衝撃半端ないからっ!

ていうか、唯一の頼りの結婚費用の口座からごっそり初期費用なくなる事にもっと危機感感じてくれ(´;ω;`)笑

 

欲がなくて、ケチじゃなくて、私に美味しい物を食べさせたい、家事を減らしてあげたい、その優しさは分かるのだけど…

「今暮らせるから大丈夫」の考えは改めてもらわなきゃ(´;ω;`)

社長の独身貴族なお金の使い方を直さなきゃいけませんね…。

 

ちょこ氏には「気持ちは嬉しいけど、そんなに減ってるなら言ってくれないと。

知ってたらもっと外食やちょっとした贅沢だって回数や金額を減らすようにしたし、私はちょこ氏が自分個人の貯金も出来るようにお小遣いを多めに渡してたのに、それを私に使ったらダメだよー…。

今度から、お金少ないなぁとか今月出費キツイなと思ったらちゃんと言って?私、生活費と別で何かあった時用の予備費ちゃんと分けてあるんだから」と強くお願いしました。

 

まぁ、貯金額は衝撃的なくらい減っていたけど、今回こうして結婚前に金銭感覚について話し合う事が出来たので良かったです(´-ω-`)

 

今後ちゃんと気をつけてくれたら、ちょこ氏のお給料ならすぐにまた貯金が出来るようになるはず。私はちょこ氏の貯金があてにならないと知った今、これからお弁当や休日の食事を今以上にきちんと作らなければいけないというプレッシャーはありますが…。

 

ちなみにその流れで披露宴の話もしたんですが、「GUMIが嫌な思いしてまで披露宴やろうと思わないよ、オヤジも多分そう思うはずだし、親族だけのパーティにしたいってまた今度相談してみよう♪」ってあっさり言われました。

私がここまで嫌がってたとは思わなかったらしいです(´-ω-`)

 

仲良しでお互い相手のことを思っているのに、意外と伝わってない…。笑

でも、疑問や不安を初めてすべて話し合ったので喧嘩にもならず、寝る前にプロレスごっこして遊んでもらいました。笑

 

明日もお弁当頑張りまーす(´-ω-`)笑