こんな私が結婚しました

新婚ほやほやの惚気ブログ※たまに愚痴(笑)

披露宴をしたくない

今日は久々に実家に来ています。

昼間にちょこ氏への婚約指輪のお返しのプレゼントを買いに母と大丸に行き、その後はエスタの地下で初ずんだ豆シェイクを飲んではしゃいだりして、最後に父へのお土産に八天堂のクリームパンを買って実家に帰宅。

 

父と母と私で食卓に座り、晩ご飯を食べていると父から「そういえば、本当に披露宴やるの?もしやるなら友達何人くらい来れそうなの?」と聞かれました。

 

実は私、前から披露宴をしたくなくて悩んでいました。

私は小学生の頃に2度転校していて、中学2年から学校にほとんど行っていないし、高校には進学しなかったので、友達と呼べる人が4人しかいません。

そのうち1人は広島の中学時代の親友で、連絡は今でもちょくちょく取り合っているけどもう7年会っていません。

2人目は道内の地元にいる年上の女友達で、同じ店で働いてた姐さんです。

3人目は去年札幌で一緒に働いてた友達で、今は愛媛にいます。

4人目は今も札幌にいるホステス仲間で気の合う同期として、辞めた今でも時々近況報告したりします。

 

この4人だけなんです。

 

4人のうち2人は本州に住んでいて、結婚していたり就職したばかりでみんな大変だろうし、私が逆の立場ならどんなに仲が良くても正直状況的には欠席したいな…と思ってしまいます。

地元の姐さんは去年の年末に3人目の子供が生まれたばかりなのにパートを掛け持ちしていて大変そうだし…

札幌にいる同期の子はどうかな…最近会ってないから分からないけど。

この4人ともそれぞれ全く面識がないのに同じテーブルに座らせて気を遣わせて申し訳ないし、これでもし誰も来れなかったら…?

 

ちょこ氏とはこの事で何度か話し合いもしていて、仕事柄と立場上披露宴をしないとまずいとか新婦が地方出身で友達が少ししかいないことはよくあるよと説得され

立場上やらなきゃというならこれも嫁の勤めなのかと思い、「もう私は梨園の嫁に行ったつもりにでもなって割り切ろう」と言い聞かせ、どうせやるなら楽しむしかないと色々計画を立てていたんです(´°ω°`) 笑

 

ところが今日心配した父から「もし4人とも来れなかったらどうする?ちょこ君の方は会社関係者から友人から親族から…100人以上くるんだろ?

GUMI側だけもし誰もいなかったら友人代表のスピーチはちょこ君側だけか?記念撮影は知らない人しかいない中で撮るのか?

二次会はちょこ君の関係者のお酌だけしに行くのか?そんなの悲しすぎないか?

もし4人来てくれても同じテーブルに全員他人同士座らせて、ちょこ君の関係者への挨拶に追われてろくにお構いもできなくて、せっかくの大切な友達に居たたまれない思いをさせることにならないか?」と心配され、一気に不安が押し寄せてきました。

  

「俺たちはさ、GUMIが本当に納得して楽しめるなら反対しないつもりだったけど、そんな披露宴楽しめるとは思えない。はっきり嫌だって言わなかったGUMIも悪いけど、もう1度きちんと伝えたほうがいいぞ」という父の言葉で、自分がだいじな事をこんなに我慢してたんだと初めて気づきました。

 

元々今日は実家に泊まる予定でちょこ氏にも明日帰る事を伝えてたんだけど、今すぐ伝えないとまた言えなくなる、顔を見たら遠回しにしか言えなくて絶対伝わらない…と思って、速攻ちょこ氏に電話を掛けました。

 

こんな話を今更ほじくり返して、しかも大事な話なのに電話で言う事を謝ってから、今日父と話した事や私も披露宴はやっぱり嫌だと言う事、楽しもうと言い聞かせて我慢してたこと、全部伝えました。

 

ちょこ氏はさすがに動揺していました。私が納得したと思っていたんだから当然ですよね…

そして「きっと頭の中で言葉まとまったから今話さなきゃと思ったんでしょ?GUMIは我慢しちゃうから。でも、この話は直接顔見て話そう?」とテンション低めに言われました。

 

まぁ想定内です。でも初めて本気で披露宴に不安を感じていることを伝えられた気がします。

明日帰ったら、もう一度きちんと話してみようと思いますが…ちょっと気が重いです…

 

自業自得だけど、顔が見えないまま話してしまったから、ちょこ氏がどう感じたか読み取れなくて不安です。

 

会いたいのに会うのがちょっと憂鬱です(´;ω;`)

 

元から持ってた不安とマリッジブルーとフェス前のイライラ全部混ざってる…つらい。笑

 

どうか、お互いに納得できるような結果になりますように…

考えすぎてこんな時間まで夜更かししてしまいました。普段は0時前後には寝てるのに(´;ω;`)

…たまにはいっか、夜更かししても。