こんな私が結婚します

嫁入り前の専業彼女が書く惚気ブログ

素面で見る明日は明るい

断酒から36日経過しました。

初めてお酒を飲むようになった日から、こんなに長い事お酒を飲まなかった事はありません(。・ω・。)

「シラフで1ヶ月過ごすってこんな感じなんだなー」としみじみ。笑

 

幸い、日々過ごしている中で、お酒が飲みたくて辛くなる事は皆無です。最初の2週間くらいは週末の夜とか外食した時に飲みたくなったけど、ここはグッとこらえて。

変な意地張らずにノンアルビールやノンアルカクテルに助けてもらったら、案外「これなら、コーラかジンジャーエールの方がいいなぁ」と納得出来て、最近は完全にソフトドリンクを美味しく頂いてます♪

 

というより、先月久々にちょこ氏とすすきのでご飯を食べた時、無性にお酒が恋しくなってノンアルビールを頼んだら、普段滅多に注文する人がいないのか、瓶を冷やしていなかったらしく、常温のノンアルビールという史上最悪の飲み物を出されたんです(´-ω-`)あの恨み、忘れぬぞ。

あの日からお酒と同じくらいノンアルビールが憎たらしくなって、それ以来飲んでません。爆

 

もともとホステス時代は出勤日しか飲まなかったし、辞めてからは週2回くらいしか飲まなかったので、慣れてしまえば意外とイケちゃいました。

 

断酒をして強く感じるメリットは、あまり情緒不安定にならなくなった事です。

ヤケ酒泣き上戸タイプだった私、迷惑はかけるけど、一見お酒でストレス発散しているように思われがち。

 

だけど、鬱憤をお酒で晴らすというより、お酒のせいで忘れてた鬱憤までほじくり返してあれもこれも辛くなってただけなんです。

お酒をやめてから、わざわざ些細な不満まで無理やりほじくり返して喚かなくなりました。

普段言いたい事を抱え込んで、お酒を飲んだ時にぶつけるのもやめました。

言葉は選びつつ、はっきり「あれが嫌だった、こうして欲しかった、こんな事が不安だ」と言うようになったので、その日のうちに問題解決、すっきりして眠る事ができます♪

 

最近は、お酒さえ飲んでいなければ、私のこの10年はもう少し明るかったかもしれない…とさえ思うのです(´・ω・`;A)

もちろん適度な量のお酒を楽しく飲む事が出来る人はそれでいいと思うし、羨ましいです。

 

だけど、私はお酒を飲むと人生が暗くなるタイプの人間なんだと、ようやく分かりました。

 

それでも、記念日やクリスマスくらいちょこ氏に付き合って一緒にお酒が飲めたらな…とまだ少し考えてしまう愚かな私です(´・ω・`)  

もしもそんな日が来て、お酒を飲む事があったら…ちゃんと正直にブログに書いた上で、その後また完全に断酒の道へ進むのか、機会飲酒にシフトチェンジするのか、はたまたスリップしてヤケ酒泣き上戸ババアになるのか、経過報告もしようと思います。

 

こう書くといかにも「お酒飲んじゃうかも!」と保険をかけてるように思われるかもしれませんがそんなつもりはなく、断酒は続けていきたいと強く思っています( ・`ω・´)

ただ、「いつか負けてしまうんじゃないか」、「本当に生涯断酒なんてできるのか、それでいいのか」なんて事を時々うじうじ考えながら常に弱気と戦ってるんです。

 

すすきのでちょこ氏がたまに行くお店に久々に一緒に行った時にママやスタッフの女の子が、お酒を飲まない私にとても驚いていたけど

 

ノリが悪いとか、付き合い悪いなんて誰ひとり言わずに「これからちょこ君と結婚するし、妊活にもなっていいじゃない♪」

「お酒やめると自然と痩せるって言うよねー!」

「お酒も煙草もやめたからかな、GUMIちゃんお肌ツヤツヤですよ♪」とモチベーションが上がる事を言って応援してくれました。

そして、お酒を飲まなくても楽しめるように、美味しいノンアルドリンクを作ってくれました(レモンと炭酸とガムシロのさっぱりしたジュースです♪)。

 

これからも引き続き、断酒頑張ります!

 

★おまけ★

そうそう、今度こそ本当に本当に、新居が決まりました♪

部屋の広さはこの前契約を蹴られた部屋とそんなに変わらないけど、家賃は2万ほど安いし、敷金礼金なしのとってもお得な部屋ですヾ(o´∀`o)ノ

 

やっぱりあの時、非常識なオーナーの部屋を契約しなくて良かった(しなくてっていうか蹴られたんだけど)!

もっと良い部屋が見つかるかも?ってちょこ氏を励ましてた私の言葉が現実になって嬉しいです(*´ω`*)

 

8月の引越しに向けて、準備を進めてます♪

 

おわり。笑