こんな私が結婚します

嫁入り前の専業彼女が書く惚気ブログ

奪われた薬指!

婚約指輪決めてきましたヾ(o´∀`o)ノ

ウェブで来店予約していたので、店に入ると席には担当の販売員さんからのメッセージカードが立てかけてありました!マニュアルなんだろうなって分かってても手書きのメッセージは嬉しいものです♪

 

そして担当さんの名前がなんと私と同じ名前だったんです(o゚Д゚ノ)ノ親近感も手伝ってすぐに打ち解けました。笑

 

ネットで指輪の下調べをしている時から可愛いと思っていたデザインの物を見せて頂き、現物を見てやっぱりこれだと確信。

それでもちょこ氏と担当さんの勧めで似ている他のものや、定番のもの、1番人気のものなどを見せて頂きました(。・ω・。)

 

10個くらい実際に指に嵌めてみましたが、やっぱり最初のやつが1番イイ!という事でそれに決定しました♪

 

そういえば、去年のクリスマスにちょこ氏が指輪をくれようとした時も、最終的には買わなかったけど、実際にジュエリーショップに行ってみた事があったんですよね。

 

でね。

その時、ただ見てただけなのに早とちりしたオッサン販売員さんがオススメの婚約指輪を出してきた所まではいいんだけど、有ろう事か私の左手の薬指に勝手に指輪を嵌めてきたんです(;´༎ຶД༎ຶ`)

 

正確に言うとオッサンが「ささ、似合いますから是非ご試着なさって!!」と言うので「あ…じゃあ…」と言って指輪を持とうとしたら、オッサンが「大丈夫ですよー!」と明るく言い放って私の左手の薬指をつかんで…ハメラレタ( ˙-˙ )笑

 

やんわり指を引いたりオッサンの手から指輪を取ろうとしたり(ドロボーじゃないですよ?笑)、色々抵抗したんですが…ハメラレタ( ˙-˙ )笑

 

もちろん、「素手で触ってはいけない指輪だから」とかじゃないです、そのオッサンもべたべた素手で触ってたんで( ˙-˙ )笑

 

オッサン「いかがですか?」

GUMI「あ…いやー…そうですね…うーん」

 

オッサン「大丈夫ですよー♪」

 

大丈夫ですよー♪じゃねえよお(;´༎ຶД༎ຶ`)何が大丈夫なんだよお(;´༎ຶД༎ຶ`)嫁入り前の女の薬指に指輪嵌めんじゃねえよお(;´༎ຶД༎ຶ`)

と内心ショックを受けながら、ふと隣のちょこ氏の顔を見ると私以上にショックを受けた顔をしていました(°o°:)

見た事ないくらい鼻の穴広がってたから、多分かなりムッとしてたんだと思います。爆笑

 

結局、私もちょこ氏もテンション下がって買わずに帰り、「指輪はいらないから、これからの2人の暮らしの為のお金にしよう?」と断ってしまった…なんて事がありました。笑

 

それを今日行ったお店で担当のお姉さんに笑いながら話したら、あの時のちょこ氏よりさらにショックを受けた顔していました(;´༎ຶД༎ຶ`)笑

 

担当さん「信じられません!この業界にそんなデリカシーのない人がいるなんて(;´༎ຶД༎ຶ`)なんということでしょう!!

 

なんということでしょう!というセリフをビフォーアフターのナレーション以外で本気で発した人を初めてみました(。・ω・。)笑

 

そんなこんなで、担当さんもとっても感じよく、素敵な指輪にも出会えたおかげで、本当に楽しく指輪選びが出来ました♪

 

私がはしゃいでいる姿を見て、微笑んでいるだけだったちょこ氏ですが、文句も言わず長い時間隣にいてくれて、私が「やっぱり…この指輪がいいなぁ」と確信するや「じゃあこれにするかい?よし。これ頂けますか?」と躊躇なくオーダーしてくれました♪

 

そのあとは、ダイアモンドのグレードや大きさなどを細かく決め…

最終的に内側に彫る文字をちょこ氏が決めたら後日店舗に連絡して、そこから指輪作りが始まるそうです♪

 

1ヶ月ほどで仕上がるらしいので、受け取るのは来月になります(*´ω`*)楽しみすぎて薬指が踊っています。笑

 

知らないオッサンに奪われた薬指、来月ちょこ氏に奪い返してもらえるのが待ち遠しいです!笑

 

★おまけ★

昨日、お店で恥ずかしい思いをしないように入念に指の産毛を処理したんですけど、今日試着する時、照明に照らされた指を見たら…

一本だけ長い産毛が中指から生えていました(´-ω-`)

 

お願いだから、誰も気づかないで!と祈りながら試着をしたGUMIなのでした……(´;ω;`)笑