こんな私が結婚します

嫁入り前の専業彼女が書く惚気ブログ

除湿と冷房

今日の札幌、暑いです。28度?29度?だったかな、今朝の天気予報では。

 

昔は極度の暑がりで、25度超えたら機嫌悪くてモアイ像みたいな顔になっていたけど、最近は「冬の寒さに比べたら夏の暑さなんて爽やかでサイコーヾ(o´∀`o)ノ」と思えるようになりました。

むしろ夜はちょこ氏がすぐに冷房を入れようとするので、昼は思う存分暑さを楽しんでいます。笑

 

とはいえ、料理中はさすがの私もバテます。今日の夕飯のスープ…煮込んでる間はつらいです(´-ω-`)

なので、ずーっとエアコンを除湿モードにしてました♪

 

冷房だと体を冷やすし、電気代も莫大になるような気がするので付けるのを躊躇うんですが

除湿モードだと何故だか、罪悪感があまりなく気軽に付けられるんですよね〜。私だけかな?笑

 

「湿度を下げるだけだし!」

「冷房よりは体に悪くないはず!」

「なんとなく電気代そこまでかからなそう」

というイメージです。

 

冷房に比べて寒さがマイルドだからかな。

分かりますかね、除湿モードの「寒さがマイルド」な感じ。

 

ちなみに私的に、冷房は「寒さがスパイシー」な感じです。

 

実際のところ、どうなんでしょう。やっぱりエアコンを付けた時点で体への悪影響も電気代も変わらないんでしょうか。

 

そもそも、冷房で体を冷やすのと暑過ぎて具合悪くするのとどっちが体に悪いんだろう。

あまりにも暑過ぎるようなら多少冷房で温度を下げた方がいいけど寒くしすぎたらダメだよって事なんだろうけど、冷房なんてつけたらどうしたって寒くなるし、かと言って消したら一瞬で暑くなりますよね。

 

てことはやっぱり除湿が一番ちょうどいい。

寒さがマイルドだから。

 

除湿ならしばらく付けっ放しでも体冷えないし、適度に湿度を下げて不快感をなくしてくれるし。

 

ちなみに私的に冷房なしの状態は「暑さが秘伝のタレ」状態です。

 

さて、秘伝のタレの中を泳いで、スーパーに買い出しに行ってきます。