こんな私が結婚します

嫁入り前の専業彼女が書く惚気ブログ

フェスと禁煙と私

腰痛い、お腹痛い、眠い、寒い、だるい。でお馴染み。

今月も女性の体内で毎月開催される憂鬱な行事、「フェス」が始まりました( ˙-˙ )

↑「生理」を「フェス」と呼ぶと決めた記事

 

毎月フェスが始まると短くても3日間はポンコツな私。

この時だけは朝なかなか起きられないし、お弁当もご飯も作れなかったり、掃除できなかったり、下手したらお風呂入る気力もなく、布団から出られません(´;ω;`)

 

仕事してた時は毎月フェスに合わせて出勤調整をかけるくらい重い症状に悩まされていました。

 

 ところが今日は何故だか6時前に目が覚めて、そのままいつも通りにコーヒーを飲みながらお弁当と朝食の用意をして、昨日煮出した麦茶をボトルに詰めて、洗濯も終わらせました(´°ω°`) 

 

調子が良すぎる。

 

もしかしたら、禁煙と断酒のおかげかも…?? 

 

喫煙は女性ホルモンの分泌に悪影響があって、禁煙することでホルモンバランスが正常になり、月経痛や不順などが改善される事があるそうですし

 

飲酒によって摂取したアルコールを肝臓で分解すると、マグネシウムやビタミンBがたくさん消費されるらしく、これらが不足するとやはりホルモンバランスが崩れたり貧血の原因になるそうなんです(°o°:)

 

煙草もお酒も体に悪いのは知ってたけど、フェスにまで影響があるとは…。

フェスの時の重い症状は体質だと思って長年我慢してたのに。

 

煙草とお酒をやめただけで、気だるさも軽くなったし、腹痛や吐き気もいつもよりすごくマシです。

 

体に良い事をする我慢・苦痛を伴う事だと思っていましたが、こんなに体調が良くなるなら喜んで!って感じです(*´ω`*)

 

むしろ、今まで腹痛や貧血や吐き気という苦痛を我慢してまで煙草を吸い続けて、二日酔いで寝込んだり、酔って周りに恥を晒してまでお酒を飲んでいたのがいかに時間の無駄だったか、よく分かりました。

 

もちろん場所を弁えれば喫煙は自由だし、節度を持ってお酒の席を楽しめる人はいて、そういう人たちは無理してやめる事はないと思います。

 

だけど、やめる事で得る物や取り戻せる物がたくさんあるという事は知って欲しいなと思います。

 

実際、耳で知ってはいても経験しないと本当の意味で知る事はできないんですけどね…(´;ω;`)

 

禁煙成功者や断酒成功者に何故あれほど、煙草や酒を憎み、喫煙者やのんべえを徹底的に批判したりバカにしたりする人が多いのか、今ならわかる気がします。

 

バカにする気持ちがわかるのではなくて、やめるとこんなに素晴らしいのに、やめないどころか、やめた人や未経験者を誘惑して悪影響を与える人がいる事を疎ましく思う気持ち。

 

いつでも煙草やお酒の事ばかり考えていて、口を開けば「喫煙所どこ?」「次の飲み会いつ?」ばかりの人が鬱陶しいと思う気持ち。

 

元々吸わない人や飲まない人は今更わざわざ口にしない気持ちを、禁煙断酒する事で初めて感じているんです(´・ω・`) 

 

あまり批判ばかりする人はどうかと思いますが、今までこんな気持ちを非喫煙者やお酒を飲まない人にさせていたんだと思うと、我ながら「愚か者!」と思います。

批判は過去の自分を重ねて同族嫌悪して起こるのかもしれませんね(´・ω・`) 

 

我が家でも愛するちょこ氏がまだ煙草を吸っています。今すぐにやめろなんて酷な事は言わないけど、現実的なアプローチ私の夢を叶える為にいつかは一緒にやめて欲しいです(*´ω`*)笑

 

↑現実的な前記事。笑

 

その環境作りのためにも私は負けるわけにはいかないので、いつかちょこ氏が「煙草やめる」と言ってくれる日まで、絶対に禁煙続けてみせます。

 

 

禁煙はもうすぐ2ヶ月突破。

断酒は2週間を超えたところです!

 

がんばれ、GUMI。