こんな私が結婚しました

新婚ほやほやの惚気ブログ※たまに愚痴(笑)

生き残った女の子と魔法のパエリア

今日はちょこ氏の親戚の集まりでBBQがありました(。・ω・。)

親戚のみなさんとは今年のお正月に初めて会ったんだけど、その時ちょこ氏の叔父さんの家に集まった人数…

 

総勢40人超え。

 

ちょこ氏からは「姉ちゃんたちもくるし、ちょっと人数多いからびっくりするかもしれないけど」とサラッと言われてたので

まぁ10人弱くらいかなぁと思ったら1クラスどころの騒ぎじゃなかった。爆

 

一方私はひとりっ子で、両親が離婚してからは母と祖母の3人暮らし→その後は母と2人暮らし→母が再婚して3人暮らし…基本的に家に3人以上の人が集まることがほぼない。

 

しかもうちの家系は特殊で、親族は仲はすごくいいんだけどみんな離れて住んでるし、お正月も集まることなく各家庭で過ごしていたし…

連絡の取れる人みんな集めても8人くらい。

 

アルコール依存症で酔って祖母に虐待まがいの事をし続けた叔父が親戚一同から絶縁されたり、確執があった兄弟が音信不通になってバラバラに散ったりとかで人数がどんどん減った、とにかく複雑な一族(´・ω・`)

 

そんな閉ざされた一族に生まれた私にとって、ちょこ氏の親戚の集まりはいつも驚かされることばかり。

 

まず、今回のBBQでも大人から子供まで30人弱が集まって、学校みたいだった。笑

そして、私を見つけると「あーちょこの彼女だ!GUMIちゃんだっけ?こっちおいでーお肉焼いたから!」

「GUMIさんちょこの事よろしく頼むよ!」「GUMIちゃんこっち来ーい」「GUMIさん」「GUMIちゃん」「GUMIちゃーーーん!!」

 

全員すんげーーフレンドリー!笑

 

私がまだ名前も覚えてない人とかも私を見つけると手を振って呼んでくれた。(初対面の時なんてもう胴上げされそうなくらい歓迎された)

 

分かりやすくいうとハリーポッターが初めて魔法界に戻った時レベルの歓迎。笑

何故かみんな私の名前知ってるし。笑笑

 

人の多さに慣れている一族なので、私という他人が突然現れても皆すごくナチュラルに迎え入れてくれる。

恥ずかしいような嬉しいようなくすぐったい気持ち、まさに生き残った男の子。ハリーポッター気分。

※GUMIはハリポタファンです

 

次にびっくりしたのはお肉の量。

テレビの大家族の夕飯とかでもかなり驚かされるけど、30人弱の人間がBBQで食べるお肉の量って…想像つかなかった。

 

そこへ誰かが「ほらー!お肉あるから焼いてって!!」って言ってた方向を見ると何の肉だか分かんないくらいの大量の肉、肉、肉。

 

頭の中で

富士ッ!!

サファリパーーーク!!

っていう音声が流れた(´°ω°`) 

 

そして叔父さんに呼ばれて広いバルコニーに出るとピザ窯と大鍋があった。

 

ここなに?魔法界?ジブリ?(°o°:)

 

そこで私が任された仕事は

パ エ リ ア 作 り !!

 

パエリアってどんなんだっけ?

アクアパッツァみたいなやつかな??

アクアパッツァってなんだっけ???

ムニエルみたいなやつかな????

ムニエルってなんだっけ????

パエリアみたいな…以下エンドレス

と混乱しながらも指示通りに生米を炒って具材を並べて…

 

f:id:sweet-pain666:20170514212614j:image

↑完成前だけど何とか上手いこと作れました。笑

(これが噂のパエリアっちゅうやつね…)

 

私が「パエリアって私食べたことないんですよね〜」って言うと 

驚いたみんなが「ほんとー!?食べな食べな食べな!美味しいから!」って勧めてくれて

出来立てパエリアを初めて食べたところ…

オーウ!!アメイジーング!!

って感じでした。

※「とても美味しい!!」的な意味で

 

冒険心がない臆病者なので、オシャレなお店に行っても聞き慣れないオシャレな料理などはあまり頼んだことなかったので、パエリアもアクアパッツァもムニエルも未知の食べ物でしたが

 

パエリアがとっても美味しいということだけはわかりました!笑

 

そんなこんなでちょこ氏の親戚の集まりは本当に驚きばかりだけど楽しいです。

結婚したらもっと打ち解けられるんだろうなと思うと今から楽しみ(*´ω`*)

 

お家でも作ってみたいな、パエリア。笑