こんな私が結婚します

嫁入り前の専業彼女が書く惚気ブログ

結婚するという事

今日は早朝からちょこ氏の家の方のお墓参りに行ってきました。

時間が早かったおかげか、墓地内は人もまばらで混雑する事なく辿り着きました。

 

ちょこ氏が墓石を拭いている間に私がお花の包装紙を剥がしたり、線香の用意をしました。

 

知らないお墓に手を合わせるのは不思議な気分でしたが、私も将来ここに入るんだなぁとしみじみ思い、嬉しいような寂しいような、少し怖いような、何とも説明し難い気持ちになりました(´・ω・`) 

 

お墓参りが終わったら、その足で私の実家に出向き、お土産のケーキとビールを持って、先週の両家顔合わせのお礼をしに行きました。

 

そこで両親からお祝いを貰いました。

母がシングルマザー時代に私がいつか結婚する時に…と貯めてくれていたお金と、血の繋がりはないけれど、本当の親のように接してくれた父からのお金でした。

 

私は今まで親に大して感謝もせず、身勝手に自分の意見ばかり主張して、決して良い娘ではありませんでした。

 

小中学校では人間関係が上手くいかず不登校になり、卒業後は高校には行かず働き始め夜な夜な遊びまわり、18歳の誕生日に母と同じホステスの道を選び…

本当に何ひとつ自慢出来る所もなければ、とにかく心配ばかりかけるような人間でした。

 

そんな私の為に、まさか両親が結婚資金を貯めてくれているなんて夢にも思わず、ただただ有り難かったです。

 

お祝いを受け取る時、初めて両親に頭を下げました。

いつもは「友達親子♪」なんてナメた事を言っていましたが、初めて「ありがとうございます」と言って心から感謝して頭を下げました。

 

その後はちょこ氏の実家に呼ばれて夕食をご馳走になりました。

そこでもお土産を渡して顔合わせのお礼を言ってお邪魔したんですが、食卓に並んでるのは私の好物ばかりでした。

 

初めてお会いした時からまだ1年も経っていないのに、私の好きな物をたくさん覚えてくれていました。

 

そして私に「何か不安な事はないかい?いつでも相談するんだよ」という言葉をかけてくれました。

 

私はお義父さんが好きですが、いつも主導権を握るので、この先ずっとこうならちょっと辛いかもな…と思っていたのですが、その裏には「頼っていいんだよ」という器の大きさがあったんだな、と感じました。

 

結婚ってなんだろう。

 

結婚するってなんの意味があるんだろう。

 

そう聞かれたら、私は上手く答えられないけど、相手のお墓に入る事を嬉しかったり寂しかったり、少し怖かったりする事。

 

自分の行いを恥じたり、親の優しさ、人の優しさに感謝する事。

 

これが「結婚するという事」なんだな、と思いました。

 

結婚しなくても、親や人に感謝ができる人はたくさんいると思います。

だけど、結婚するという時に初めて知る優しさや気付きもたくさんあります。

 

マリッジブルーだのなんだの言ってないで、ちゃんとちょこ氏を支えていきたいな、と思いました。

 

 

まだ籍入れてないのに「結婚した感じ」出しすぎてすみません。笑

 

 

お題「結婚」

完璧なお土産

今日はちょこ氏が会合で夜出掛けていました。

ご飯は外で済ませてくるという事で、久々に夕飯サボれましたヾ(o´∀`o)ノ笑

 

せっかくのサボりdayなので、自炊するなんてもったいない!と思って、ご飯も食べずにお風呂上がりに冷凍してたゼリーだけ食べてゴロゴロしてたらちょこ氏が帰宅。

 

ちょこ氏「ただいまーヾ(o´∀`o)ノ」

GUMI「おかえりー٩(๑´꒳ `๑٩)」

廊下とリビングの端から駆け寄りハグする2人。

いつも通りのバカップルです。笑

 

そこでちょこ氏が何故か申し訳なさそうに何かを私に差し出します(。・ω・。)

 

GUMI「ん??」

ちょこ氏「GUMIに怒られるかもしれないけど、お土産買ってきちゃった(´・ω・`)笑 」

 

中を覗くと…

 

焼き鳥〜♪♪(*´﹃`*)

 

GUMI「わーい!ありがとう♪なんで怒られると思ったの??」

 

ちょこ氏「GUMIダイエット中だから、こんな遅くに焼き鳥食べたら太るって気にするかなぁと思って(´・ω・`)

でもGUMI、俺がいない日はちゃんとしたご飯食べないから…俺だけ外で美味しいの食べて帰ってくるのがなんか嫌で…」

 

ちょこ氏、いつも私に「痩せなくてもいいよ」と言ってるけど、私が気にしてるのはちゃんと分かってくれていたみたい(*´ω`*)

それを気にしつつも、美味しいお土産を買ってきてくれたちょこ氏が愛おしいです。笑

 

ろくにご飯食べてなくてお腹空いてたので、ありがたく頂きました♡

 

私の好みの串を完全に把握して、なおかつカロリーや総重量まで計算して買ってきてくれたみたいで…きゅん(*´ω`*)

 

ちょこ氏「はい、GUMIが好きな軟骨、砂肝、ハツ、白レバーネギま

1本あたり30gくらいだから10本全部食べたら300gあるけど、内臓系多いから比較的にカロリー少なめだし、GUMIなら5本くらい食べてあとは明日食べるってなりそうだから丁度いいかなと思って♪」

 

分かってらっしゃる!!

お腹空きすぎて8本食べちゃったけど、残りの2本は明日の朝食べます。笑

 

 私はちょこ氏が大好きな『膝枕で耳かき』でお礼(。・ω・。)

 

ちょこ氏曰く、「膝枕で耳かきされてる時が1番、『俺ってなんて幸せ者なんだーーっ!』って思う!」だそうです。笑

 

ちょこ氏が耳かきの気持ち良さで「ぬぉーー!!」「うふぉーー!!」と声をあげてるのを見てると可愛くて思わず笑ってしまいます。

 

そして私も「好きな人に膝枕で耳かきして喜ばれる私超幸せだーー!」と思います(*´ω`*)

 

あと2ヶ月で付き合って1年。

 

だらしない所や、お義父さんに弱い所に時々「やれやれ〜」と思うけど、そういう所もひっくるめて何だかんだ可愛いと思うし、好きな所がそれを上回ってたくさんあるので、付き合いはじめから変わらず大好き、むしろ今の方が好き度が増し増しです٩(●˙▿˙●)۶ 笑

 

付き合って1年経つ前に夫婦になるけど、ずーっとこんな風にラブラブでいたいです(´・ω・`) 

 

みんな「そんなの今だけだよー!」とか「はいはい、ごちそうさま〜!」とイジるけど、今だけじゃイヤです、ずーっとこのままがいい(´・ω・`)

 

明日はお墓参りと新居の家具選びで朝から動き回る予定なので、今日は早めに寝ます。

家具選び楽しみだなぁ♪

恐怖のクローゼット

今日も朝から引越し荷造りです。

 

私の秋冬服やバッグ、すぐには使わない小物や本関係は大方終わりました。

元々私は荷物が極端に少ないんです(。・ω・。)

 

だってね、十数回も引越しをしてると、荷造りの度に不要な物を捨てる訳ですよ。

 

するとそのうち「買ってもまた捨てる事になるかも」と思うようになって、余計な物を買わなくなる訳ですよ。

もしくは、新しい物をひとつ買ったら古い物をひとつ捨てるとか。

 

このやり方に慣れると、使わない物を家の中に置いておくのが我慢なりません!

目に入った物は何でもすぐに「要るか要らないか」の仕分けをしたくなります。笑

 

物なんて増えようがありません。減る一方です(o゚Д゚ノ)ノ笑

 

今はそんな私ですが、なかなか捨てられなくて、物で溢れかえっていた時期もありました。

 

捨てられなかったものとは…

 

・友達やお世話になった人からの年賀状・手紙

 f:id:sweet-pain666:20170805092748j:image

小学生〜18歳くらいまでの年賀ハガキや手紙をすべて保管していましたが、ろくに読み返す訳でもなく、引越しの度にただレターボックスごとダンボールに詰める数年間に辟易して、今は相手の住所が書いてある物だけ1年間保管して捨てます。

メモの切れ端に書いたようなちょっとしたお手紙は読んだらすぐ捨てます。笑

 

・状態は良いけど長い事使っていない物や服
逆にとてもお気に入りだったけどすっかり使い古してしまった物や服

 f:id:sweet-pain666:20170805092808j:image

女性の服は特に「いつか着るかも」とか「痩せたらまた着る」が多いですよね、私もそうでした( ˙-˙ )

今は状態が良い場合は売ったり人にあげたりします。どんなに綺麗でも、今使わない物はこの先ずっと使いませんから。

使い古した物は思い入れがあっても捨てます。それだけ使い古したなら、もう元は取れてます。寿命なので感謝して捨てます(*´ω`*)

 

他にも、「買ってみたはいいけど全然使ってない訳の分からん調味料」とか、「いつか何かに使えるかもしれない、クッキーの缶」とか…

 

絶対この先も使わないから!!

 

と今は思うんです。

 

だから、調味料なんかは確かにもったいないですが、使いこなせなかった自分が悪いので、反省して同じことを繰り返さないと誓って捨てました。

 

いつ使うかも分からない缶を置いておくくらいなら、思い切ってもっとオシャレな入れ物を買った方が良いです。

 

物を捨てられなかった学生時代は、片付けや掃除が苦手でいつも散らかっていました。

勇気を出して物を減らすと、掃除もラクだし、物の場所をきちんと決められるので、物を失くすこともなくなりました♪

 

私が思うに、捨てられない人って『物を大事に出来ない人』なんですよね。

 

一見、大事にしているから捨てられないんだと思われがちだけど…ちがうと思う。

 

捨てられない人たちの捨てられない物を見ると、だいたいは箪笥や押入れの隅にグチャグチャになって置いてあるだけ。

 

「これもう捨てたら?」と言う人にたいして、捨てられない人たちは「まだ使えるのにもったいない!」とまるでこちらが『物を粗末にする悪者』かのように怒るけど、

まだ使えるのにちゃんと使わないでだらしなくほっぽらかしていた本人が悪いんです。

 

そしてそれを悪かったと認めて反省して捨てるのが面倒臭いだけ(´°ω°`) 

 

ちょこ氏は完全にそのパターン。

 

20年以上前の年賀状や手紙、毛玉だらけのシャツ、『大事にしている』らしい物たち。

全部ぐちゃぐちゃです(´-ι_-`) 笑

 

手紙や年賀状だって、仮に「綺麗な箱に大切に保管して時々読み返したり、額に入れて飾ってる!」というならそれはそれでありだと思うんです。

だけど現実は、引き出しの奥で折れ曲がっているただの黄ばんだ紙の束。

 

服だってクローゼットの奥にぎゅうぎゅうに押しつぶされて、虫食いやカビにやられてる。

そこまで服を傷めつけてからやっと「これはもう着られない」って結局捨てる事になるんですよね。

 

昨日ちょこ氏のクローゼットの中も整理して荷造りしてたんですけど、初めてまともに中を見るとなかなかに衝撃的でした。

 

まず、薄汚れた小さいゴミ袋が出てきまして…

中を見たら丸めたティッシュやら飴の包み紙が出てきたので「うわ、ゴミかよ捨てろよ」と思ったんですが、さらに中を見ると…

  

 

鍵の束が!!!(;´༎ຶД༎ຶ`)

 

 

「待て、これはゴミじゃないかもしれない!」と1つずつ確認するとまぁ出るわ出るわ…

 

高価そうな数珠!!

 

年金手帳!!

 

印鑑登録証!!

 

極め付けが

キャッシュカードと大量の小銭!!

 

これらが丸めたティッシュと飴の包み紙と一緒にゴミ袋に入れられていたんです。

 

怖すぎ。

 

キャッシュカードと小銭をクローゼットの奥にぶん投げて置くなんて、 お金大好きな私には考えられない鬼畜の所業!!!(o゚Д゚ノ)ノ笑

 

帰宅したちょこ氏に鍵の束を見せると、「あー!これ、昔失くしたと思ってたテナントの鍵だ!」と。

 

自分の会社の大事なテナントの鍵を丸めたティッシュと一緒に入れて置くなんて…

 

情けない…

 

本当に情けない…

 

お母さん情けないよッ!!!(´;ω;`)

 

と、涙が出そうでした。笑

 

 

私と付き合う何年も前からその状態で放置していたようなので、今更ネチネチ怒っても仕方ないので、今後このような事がないようにお願いをしました。

 

ゴミやホコリやカビで汚れた大量の小銭は、ちょこ氏が責任を持って引越し日までにきれいに洗ってちゃんとした入れ物に移すか、銀行口座に入れておくようにと約束しました。(させました。)

 

13日に引越すのに、本当に約束守れるのかなぁ…。

でも新居にホコリまみれの小銭を持っていくなんて許せません!!

 

あ、ちなみに…ただひとつだけ、ちょこ氏が捨てられなかった物の中からお宝を発見したんです(*´ω`*)

 

f:id:sweet-pain666:20170805103749j:image

↑色鉛筆ですヾ(o´∀`o)ノ

これもクローゼットから出てきました。笑

 

ちょこ氏に聞くと、なんと中学時代に買ってもらった物だそうです。

 

なんでそんな20年以上前の色鉛筆なんて持ってんだよ(´・ω・`;A)

25歳の私でさえ、中学時代の頃に使ってた物なんてもう何も残ってないよ???(´・ω・`;A)

 

とは思ったのですが、私は趣味で時々「大人の塗り絵」を塗るんです♪

 

なのでそれを塗る時はいつも、自分が持ってる24色入りの色鉛筆を使ってたんですが…

ちょこ氏の物は36色入りです(*´ω`*)

2色足りないのと、ちがう種類の色鉛筆が数本混ざってますが、ほとんど使ってないし、奇跡的にケースも中身も綺麗なまま!

しかも画像は分かりにくいですが、スヌーピーの色鉛筆なんです♪笑

 

これは私の趣味にありがたく使わせていただきますヾ(o´∀`o)ノ

 

さーて、コーヒー飲んで荷造り再開しますか!

 

ミニトマトがなくならない

数日前にちょこ氏が会社のパートさんからミニトマトを頂いてきました(。・ω・。)

 

f:id:sweet-pain666:20170804173708j:image

↑こちら。わぁーお、いっぱい。笑

パートさんのご実家?がトマトを作ってるそうです。詳しい事はわからないけど、甘みがあって味が濃くてとっても美味しいです(*´ω`*)

 

実は私、3年くらい前までトマトが嫌いでした。嫌いってレベルじゃなく、初めて食べた時から一口でも食べると飲み込めないままずっと涙目、無理やり飲み込むとその瞬間に拒絶反応でリバースしてしまうくらい嫌いでした。笑

 

親や祖母は食事のマナーや好き嫌いに厳しかったんですが、私がトマト以外の物なら野菜もきのこも魚も何でも食べるので

「まぁ人間ひとつくらい嫌いな食べ物もあろう」と許してくれて、私のお皿にトマトが乗る事はありませんでした。

 

だけど大人になると、上司やお客様と食事をする時に「トマトが苦手で…」と言ったり、トマトだけ避けたり残したりあげたりするのが恥ずかしく、その時だけ我慢して食べてたんです(´-ω-`)

 

その時、昔よりは食べられるようになってるという事に気付いたのと、「どうせ人前で我慢して食べるなら、美味しく食べられるようになりたい」と思うようになり、それ以来は少しずつトマトを食べるようになりました!

 

そしてここ1年くらいは「あ、このトマトは美味しいな」とか「こっちのは酸味が強いな」と味の違いが分かるようになり、ようやく進んで食べられるようにまで成長しましたヾ(o´∀`o)ノ笑

 

だけど、さすがに↑あのミニトマトの量…なかなか消費するのが大変です(o゚Д゚ノ)ノ

ちょこ氏のお弁当には毎日1つ入れますが…あとはサラダくらいしか思いつかない……。

 

ということで。

 

f:id:sweet-pain666:20170804193614j:image

 ↑ミ〜ニ〜ト〜マ〜ト〜サ〜ラ〜ダァ〜。

 

大好きな生ハムとチーズさえあれば、大量のミニトマトも美味しく頂けますヾ(o´∀`o)ノ

 

それでもまだたくさんあるので、トマトソースにしたりハヤシライスにでも入れようかなぁと思います(*´ω`*)

 

一応、私の中では「トマトは克服した」という事になってるんですが、嫌いな食べ物がないって素晴らしいです♪

人に嫌いな食べ物を聞かれて「特にないですね〜!」と言うと、いい歳してても褒められます。

 

「へぇ、何でも食べるんだ、えらいねー!」って。笑

 

弱点はどんどん克服して、誰の前でも恥をかかない振る舞いができる素敵な女性になりたいですね♪٩(●˙▿˙●)۶ 

作らない愛妻弁当

お弁当作りを続ける秘訣って、『朝作らない』事なんじゃないかなぁと最近つくづく思います。

前日におかずを作っておけば朝詰めるだけでいいですよね(*´ω`*)

 

朝起きてからウィンナーを焼くだけでも結構面倒臭いものです…(私だけ?)

卵焼きなんてもってのほか!必ず前日までに焼いておいて、ふた切れずつラップに包んで冷凍してます。笑

 

作り置きしておけば、翌朝きちんと温め直して、ある程度冷めてから詰めるのでラクだし衛生的にも問題ないかと(多分…そう信じてる)。

 

f:id:sweet-pain666:20170803161505j:image

↑という事で、昨日作っておいたお弁当用のおかずです。

「なんじゃこりゃ」な見た目ですが、チーズ入りちくわの肉巻きボールです♪

 

穴にチーズを詰めたちくわを4等分に切って、豚バラスライスを巻き付けます。

溶けたチーズが漏れないように全体に巻きつけるのがポイントですヾ(o´∀`o)ノ

小麦粉を全体にまぶして、肉の巻き終わりを下にしてフライパンで焼いて、お好みの味付けで♪

 

私は醤油と砂糖とみりんで甘めのタレを絡めました。山椒を少しかけるとアクセントになります♪(。・ω・。)

今回は山椒がなかったので七味を軽くかけてみました♪

味付けはステーキーソースや塩胡椒だけでも美味しいです! 

 

f:id:sweet-pain666:20170804072741j:image

↑そんなこんなで、今日も『作らない』で『詰める』お弁当です。

 

ミニトマトとお肉の間の微妙な隙間が気になります…。おかずカップを広げたりお肉ずらしたりしたけど、トマトの丸みでどうにもなりません( ˙-˙ )

 

ブロッコリーがあったら綺麗に埋まるのになぁ〜。

 

今週もあと1日お弁当作り頑張らねば…。日曜は早朝からお墓参りや、ちょこ氏の実家と私の実家に先日の顔合わせのお礼をしに行ったりとバタバタです。

 

荷造りも本格的になってくるし…しばらく忙しくなりそうで今から恐怖です(´-ω-`)

 

断捨れない人

引越しの荷造りをしながら、毎日の家事をするのが面倒です。

 

f:id:sweet-pain666:20170803105953j:image

↑本日のお弁当。ハムの飾り切りがうまくいった日は気分が良いです(*´ω`*)笑

 

私1人だけなら食器もさっさとダンボールに詰めて、引越しまでの残りの日数は紙皿で焼きそばでも食べてればいいんですけど…

ちょこ氏にそんな物出せないので、食器や調理器具はギリギリまでダンボールに入れられません(´・ω・`)

 

そしてせっかく引越すんだから、不要な物は捨ててスッキリさせたいんだけど…ちょこ氏がなかなか捨てたがらない…。

 

新居では新しいシングルベッドを2つ並べてキングサイズにして使うのに、今使ってるセミダブルのシーツを取って置きたがるんです( ˙-˙ )

 

ちょこ氏「何かに使えるかも」

何かってなに( ˙-˙ )

 

ちょこ氏「何かを包んだり…」

何を包むの( ˙-˙ )

 

そして何年も前に買った「経営者の心得」的なビジネス書。

「絶対捨てちゃダメ!」らしいんだけど、こういうビジネス書とか自己啓発本って1回読めば読み返す事ないと思うんです。

しかも元々読書嫌いな人なんだから。

 

そもそも、経営者になってもう3年以上経って、今さら「あの本を読んで調べなきゃ!」なんて緊急事態まずないし、取説じゃないんだから「いつか読む時」なんてこないんですよ( ˙-˙ )

でも取っておいてと。仕方ないです…。

 

そして、数年前に誕生日にもらったらしい大きなマッサージ器。いちいちコンセント繋げて、肩に当てて手に持ったまま使うタイプ。

 

私の知る限り、同棲開始から今日までの9ヶ月間に1度も使った様子がありません。

ていうか、箱に入ったままクローゼットの中に突っ込んであるし。

 

これも「頂き物だし、使うし、新品同様だからもったいない」と言うんですけど

 

数年もの間、『新品同様』に保管してるだけの物、必要ですか?

 

こればかりはかなり口撃したけど、全然譲らないので「来年の今頃まで使った形跡がなかったら問答無用で捨てる」と言い渡しました。

そして、使ってるからってそこら辺にコンセント繋いだままほっぽらかしにしない事。使った後は必ず片付ける事をお願いしました。

 

多分これからも使わないと思うし、1度くらい使っても、後片付けが面倒でその後は2度と使わないんじゃないかと思います( ˙-˙ )笑

来年捨てる事になるのはほぼ確定したも同然。しめしめ。笑

 

他にも絶対着ない(というより着て欲しくない)服とかもいっぱいあってイライラしますが、個人のクローゼットなのでそこに収まる分はとりあえず我慢します。

面倒くさがりでだらしないのは要らない物が多すぎるからだと思うんですよね。

 

必要な物は全然足りなくて、私が少しずつ買い足したけど、不要な物がなかなか減らないから乱雑な感じになってて本当にいやー。

 

要らない物や使い古した物が新居に運ばれると思うと今から「ちーん(´-ι_-`) 」。笑

 

前にちょこ氏が「昔俺が入院した時、留守中の家の中の物を姉2人にがんがん捨てられて、帰ったら何もなかった事がある」と言っていたけど

 

お義姉さんたち、グッジョブ!!

 

と言いたい。

 

新居は綺麗に使いたいなぁ(´;ω;`)

しろくまのお風呂

書きたい事が多すぎて頭の中がてんやわんや( ˙-˙ )「こっちが先か」、「これも上げなきゃ」とテーマにするタイミングを失ったり…。

 

そんな中、いつも密かに楽しみにしているくま吉さんのブログの記事で、くま吉さんが時々くまさんを洗っているという話(本題はそこじゃなかったんですけど)を読みました♪

 

↑こちらがその記事です♪くま吉さんの可愛い絵にいつも癒されています(*´ω`*)

(紹介する許可をくださりありがとうございました♪)

 

この記事を読んで、そういえば札幌に引越す前に私もぬいぐるみを洗ったな〜と思い出し、自分の過去の写真を漁ってみたら…ありましたありましたヾ(o´∀`o)ノ

 

 f:id:sweet-pain666:20170802080444j:image

旭山動物園で出会ったしろくまミルクちゃん

雪のように真っ白で、笑っているような表情に一目惚れして我が家に連れ去りました(もちろんお金を払って。笑)

 

煙草を吸っていた頃でしたが、唯一の禁煙エリアである寝室に大事に飾っていたのに、元彼の隠れ寝タバコのヤニに汚されて頭のふわふわが茶色くなってしまい、激怒しながら洗ってました( ˙-˙ )

 

f:id:sweet-pain666:20170802080543j:image

↑でも入浴姿があまりに可愛くて怒りも忘れニヤニヤ。

 

f:id:sweet-pain666:20170802080619j:image

↑ヤニも取れて真っ白に戻りました♪

タオルで拭かれてる姿はまるで本当に生きている子熊のようです(*´ω`*)

 

f:id:sweet-pain666:20170802080818j:image

↑この状態で3日間陰干しされたミルクちゃんでした。笑

 

ちょこ氏の家に住むようになってからミルクちゃんダンボールの中で眠っているので、新居に引越したらまた飾ってあげようと思います(*´﹃`*)

 

 

f:id:sweet-pain666:20170802082030j:image

↑ちなみに、魔女の宅急便のジジを洗ったら目が取れてしまったトラウマもあります(´;ω;`)

取れた目は後で付け直しましたが…こわかった。ジジはその数年後に遊びにきた知り合いの子供に貰われていきました。

(「目すぐ取れるけど大丈夫?」と何度も確認してからです。笑)

 

他にも10個(10体?)以上のぬいぐるみがいたんですが、引越しと共に少しずつ減らす事になってしまいました(´;ω;`)

ミルクちゃんはその中で生き残った選抜メンバーです。笑

 

あと残ってるのは…劇団四季の『オペラ座の怪人』を観た時に劇場のグッズ売り場で買った怪人クマと……ふなっしーもいたかな??

住んでる部屋が狭くて、1年ほどぬいぐるみ箱を開けられなかったので、選抜メンバーの記憶が薄れてしまいました(´;ω;`)ごめんなさい。

それでも選抜の中にくまさんが2体いるって事は…私も結構くまさんフェチなのかもしれません(。・ω・。)笑

新居に移ったら、選抜メンバーたちをお披露目します♪