こんな私が結婚しました

新婚ノロケ&ぼやきブログ

トラウマ20年分

最近、1週間が体感速度3日くらいで終わっていく感じがします( ˙-˙ )

 

来週、十数年ぶりに心療内科へ行く事になりました。

 

ちょこ氏に面接の筆記試験の事を『あんな事でパニックになるなんて、私、普通じゃないよね?』と話した時、

フォローのつもりで『みんな緊張するもんだよ〜。GUMIはおかしくないよ』と言ってくれたのですが、それがかえって辛かったんです。

 

私は昔からのこの極度の緊張とパニックに悩んでいるのに、親や友人に相談する度に『みんな緊張する、普通だよ』と言われてきました。

 

他人の緊張の度合いがどの程度のものなのか、私には分かりませんが、『こんなに恐ろしく苦しい思いを本当にみんなしているのか』、『耐えられないのは私が弱いだけなのか、どんだけダメな人間なのか』とどんどん追い詰められて

誰にも分かってもらえないんだと諦めるようになっていました。

 

ちょこ氏に泣きながら『あんなに苦しいのが病気じゃなくて私の弱さが原因なら私はゴミクズ以下だよ』とこぼしました。

 

ちょこ氏は『病気だね、って俺が反応するとGUMIはそうだと思い込んでどんどん自分を追い詰めることがあるからだよ、ゴミクズな訳ないでしょ?』と諭しながら

 

辛いと思う事は治るなら治した方が良いから、一度病院に行ってみたらいいよ、と言ってくれました。

 

おかしいかもしれませんが、私はこの事に関してはお医者さんから『あなたは病気です』と断言されたいんです。

 

今まで自分の問題だと思っていて、克服しようと頑張りました。

 

学歴のコンプレックスや暗算への苦手意識があるから試験でパニクるんだと思い、何年も前から小学生の計算ドリルやお釣り計算アプリなどで簡単な計算問題を練習してきました。

 

でも、私は計算ができないんじゃなくて、人に見られていたり、時間制限がある中での計算がとても難しいので、1人での練習なんて頭の体操にしかなりません。笑

 

他にも、人間関係に悩んだ時や、誰かにバカにされた(と思い込んでいる)時は、自分が太っているからだ、ブスだからだ、と思い

必死でダイエットをして、新しい服をたくさん買っておしゃれをしたり、髪型やメイクを研究しました。

 

自分の弱点に気付く度に、『これのせいで人生上手くいかないんだ』と思い、直す努力はしてきました。

そんな準備万端でも人前ではやはりあがり倒し、自信なんていつまでも持てなくて、常に張り詰めた状態なんです(´・ω・`)

 

ちょこ氏と知り合ってから、色んな人に優しくされて、新しい事にもチャレンジして、少しずつ自尊心を持ちつつあると思っていたのですが、この前の面接で衝撃を受けました。

 

一昨日心療内科に電話した時、具体的な症状を聞かれて答えたのですが、電話を切ったあとに、物心がついてからの20年分くらいの嫌な思い出がフラッシュバックしてしまい、久々に寝込んでしまいました…(°o°:)

 

ところどころ思い出す事はあっても20年分一気に思い出す事なんて初めてで、心がついていけなかったんだと思います。

 

完全に忘れていた事も鮮明に思い出しました。

 

忘れていた記憶で、小5で転校した先の学校が、前の学校より算数が進んでいて授業についていけず、時間内に答えがわからなかった事を先生に酷く叱られ、授業中ずっと立たされたり、

 

帰りの会では計算のミニテストをやるというクラスで、テストが終わった人から帰っていいというシステムでした。

みんながどんどん帰って行くのを見て、計算が遅い自分が恥ずかしくて焦るけど、間違いが多いと翌日黒板に貼り出されるので、テキトーな答えを書いて帰るわけにはいかなくて、毎日半泣きでテストを受けていました。

クラスの男子にバカ転校生と言われた事も思い出しました。

 

計算でパニックになるのはこの事がきっかけなのではないかな、と思いました。

 

次の学校で、今なら問題になりそうな体罰教師(男)が『おれは女の子には手はあげない』と宣言していたのに、わざとではない私の失敗に激昂して頭を思い切り叩いた事はずっと恨んでいて忘れた事はありません。

その時から、私の中で『私は可愛くないから女の子として見てもらえなかったから叩かれたんだ』と思い込むようになりました。

 

こんな風に、細かい記憶をはっきりと思い出してしまったんです。笑

おかげで2日間悪夢を見続けて眠った気がしません(´・ω・`)

 

今日は面接の合否の連絡が来る期限の日です。

働きたい気持ちはあるし、良い店長だと思うけれど…自分の病的な部分に気付いてしまった今では、働ける気がしません…

 

採用の場合のみ連絡が来るとの事ですが、どうか電話かかってこないで…と思ってしまいます(´;ω;`)

 

 

f:id:sweet-pain666:20180420114028j:image

↑昨日の夕食です。

じっとしてるとフラッシュバックがひどくて気が滅入るので、ちょこ氏が喜んでくれそうな料理を作ることに集中しました(´・ω・`;A)笑

 

新じゃがの海苔塩揚げと手羽元のマーマレード煮、さつまいもとアボカドがたくさん入った生ハムサラダ。

あとは朝の残りの味噌汁とか冷奴とか納豆など。笑

 

今日も何かしら家のことに集中して、気を散らしたいと思います( ˙-˙ )

もう少し肩の力が抜けたらなぁ

昨日はアパレルの面接に行ってきました!

 

電話で応募した時に、事前に教えてくれていましたが、筆記試験(簡単な計算問題と漢字です)がありました…(´;ω;`)

口頭での質問には落ち着いて答えられるのですが、人前で文字を書いたり計算をさせられたりするのがとても苦手で

案の定、問題を見た途端に頭が完全に真っ白になりました…笑

1000 - 92 =
という最初の問題を見てパニック。

 

落ち着いて考えたらすぐに分かるこんな簡単な問題で、です。笑

1000って何だっけ?
92って何だっけ?
引き算ってどうやるんだっけ?

というか、けいさんもんだいってなに??
と混乱。

パルプンテ状態でした(´・ω・`;A)

実は10年くらい前に受けたアパレルの面接でも同じような事があり、

制限時間を聞いて余計に焦り、5分ほどフリーズして手が震えだし、上半身が痺れて、過呼吸になり、結局1問も解かずに面接中断してしまった事があったのですが(でも何故か採用してもらえました)

今回は面接官(女性の店長)が姉御肌的な良い人で、私が極度のあがり症だという話などを真剣に聞いてくれていたので

一応【試験】なのにも関わらず
『難しく考えなくていいよ、答えさえ合ってれば良いんだから。
恥ずかしがらずに、空いてるところに筆算書いたり、指使ったり、なんでもありだよ。

かるところから先にやったり、落ち着いて好きなようにやりな!』と横からバンバンアドバイスくれたり

1問解くごとに『それ、答えちゃんと合ってるよ!自信持って、落ち着いてやれば全然大丈夫だよ!』と励ましてくれたりしたおかげで


後半には手の震えやパニックも治り、解答欄をほぼ埋める事が出来ました(´;ω;`)

今までパニック状態になった時に、『何でこんな事くらいで…』と呆れられたり、『もう無理そうだね、やめていいよ』と心配そうに言われて中断されたり

逆にどれだけパニクってても無表情の無言で『早くしてください』みたいな顔されたり(これが一番つらかった)してきたので、

大丈夫大丈夫と励ましつつも、途中でやめさせずに最後までやらせてもらえたのは初めてで、本当に有り難かったです。

 

今まで最後までやらせてもらえなかったので、(私自身苦しくてやりたくはなかったけど)『また失敗してしまった、頭が悪いと思われて恥ずかしい思いをした』とか

『また出来なかった…こんなに簡単な事ができないなんて異常だ、発達障害かもしれない』などと余計に自己嫌悪して自信を失い、次に同じ事があったときにさらに緊張するという悪循環でした。

 

なので、今回はパニクりながらも最後まで出来て、しかも『答えも合ってるよ!』と教えてくれた事で、計算に対する苦手意識も少しだけですがなくなりました(´・ω・`)

 

結局試験は、苦手な計算問題が全問正解で、割と得意だと思っていた漢字問題の方がちょこちょこ間違いがあり(読めるけど書けないって結構ありませんか?笑)

 

志望動機についての超ミニ論文みたいな問題は、一応そこそこの長さの文章は書けましたが、計算問題のパニックが治った直後だったので、ちょっと支離滅裂というか何を書いたのかもあまり覚えていません。笑

 

希望の労働条件もややズレていたので、試験の結果がセーフだったとしても、正直採用される可能性は低いと思います(´・ω・`)

採用の場合のみ、今週中に連絡もらえるそうなので、待つしかありません。

 

でも、とても面倒見がよく頼りがいのありそうなステキな店長さんだったので、採用されたら頑張ってみたいと思えたし、

不採用でも、筆記試験で過呼吸にならずに最後までやり終えることが出来たので、すごく良い経験になりました!!(*´ω`*)

 

面接後に店長さんから『言葉遣いも笑顔もとてもいいのに、そんなに自信がなくて、パニックになっちゃうのはどうしてだろうね…?

私は、性格の問題ではなくて、はっきり言うと過去の経験とかが原因の心の病だと思うんだよね…。

昔、人間関係とか家庭環境で辛い事があったのかな?』と言われました。

 

採用するかも分からないのにそんなに気にかけてくれてとても嬉しかったです。

なので素直に家庭環境や不登校の事も少し話しました。

 

以前ちょこ氏の会社の経理さんにも『明るくて良い子なのに、自分に自信がないのね…

GUMIさんのせいではないという意味で【心の病気】のようなものなのかなと思いました。

GUMIさんをそうなるまで傷付けた人たちが憎たらしいです…』と言われたことがあります。

(経理さんは私の生い立ちを結構知っています)

 

私も多少は子供の頃のいじめや教師からの扱いや、家族として機能していなかった親子関係が原因だと分かってはいたけど

 

元々臆病だったし、基本は性格の問題で、なおかつ苦手な事から逃げてきたせいでこじらせただけなんだと思っていました。

 

だから病気のせいにしてまた逃げてると思われるのも嫌だったし、心療内科に通っていた頃は治療の効果がまったく感じられなくて(私の努力不足もありました)、そういった病院にかかるのはもう無意味なのかな、と諦めていました。

 

とにかく場数を踏んで慣れればいつかは大丈夫になるのだと。

そして本当に場数を踏んで昔よりは改善されてきたと思うので、余計に「これ以上は性格の問題」と思うしかなかったのです。

 

でも、改善してきたつもりでも現に筆記試験でまたパニックを起こしたし、普段通りに振る舞える相手にも『自信のなさ』や『性格によるものとは思えない問題』が見えてしまっているというのはやはり病気なのかもしれません。

治せるのなら治したいと思いました…(´-ι_-`) 

 

仕事を探すより先に、治療をするべきだったのかな、なんて少し思いますが、今は採用の連絡を待ちながら、時間を見つけて心療内科を受診する事をちょこ氏に相談してみようと思います。

 

今日は歯医者がようやく一区切りつき、1ヶ月後にまた様子を見てもらう予定です。

ですが、今度は顎変形症の治療を相談しに口腔外科を予約します(´・ω・`)笑

 

心療内科はその後になりそう…。

というか、ちょこ氏と出会ってから、眼科・婦人科・歯医者…と病院三昧です。爆

 

独身の頃いかに自分の健康に無頓着だったかを思い知らされて反省していますが、

ちょこ氏が『気になるところは全部診てもらってちゃんと治した方が良いよ』と言ってくれるおかげでどんどん健康になってきています。

本当に感謝です(´;ω;`)笑

ダメ男を紹介します

今朝のワイドナショーで【高校生の自分に教えたいこと選手権】というミニコーナー(?)がありました(。・ω・。)

 

まっちゃんや東野さん、前園さんやアナウンサーの方など、今成功しているすごい人たちが高校生の頃の自分に対して

『あまり調子に乗らないように気をつけろ』とか

『ダイエット頑張ってるけど、痩せたら胸から落ちるから気をつけろ』とか色々言ってるのがちょっと面白かったです。

 

かく言う私は中卒ですので、高校生の自分はありません…。

が、毎日が寂しくて苦しくて世界中が敵だと思っていた中学時代の自分に何か教えてあげられるとしたら『11年後に最高の旦那と、とてつもなく幸せな毎日を送れるようになるから、絶対に自分を粗末にしたり死んだりするな!!』と言いたいですね(*´ω`*)

 

そしてホステス時代、ダメ男ばかり好きになっては雑に扱われたり、遊ばれたりして傷付いていた頃の自分には

 

『あのダメ男たちのおかげで今の自分があるから、回避しなくていい!思う存分ダメ男に遊ばれてポイ捨てされるが良い!!

って言いたいですね。爆笑

 

あいつら全員ちがったジャンルのダメ男には変わりないけれど、経験としては辛かった、自尊心を失った以上に得るものもありました。

 

誰か1人でも回避できてしまっていたら、今ちょこ氏とこんなにうまく行っていなかったかもしれないと思うほどです(´°ω°`) 

 

いま思い返すと感謝の気持ちまでわいてきました。

 

なので、供養の意味も込めて、皆さんにも私がお世話になった最強ダメ男さまをご紹介したいと思います。爆

 

ダメ男さまその1

【料理を貶し、参列する男】

 

19歳の頃付き合った30代のホスト(以下、参列男)。

めちゃくちゃ頭の回転が良く、賢くて面白いところに惹かれて付き合い始めましたが、実は休日は引きこもり体質で部屋はゴミ屋敷、ゲームとAVまみれ。

そして基本、私たちのデートはそんな奴の『汚部屋』デートのみ。

 

外で食事や映画などのデートに誘うと100%ドタキャンされました( ˙-˙ )

 

参列男のドタキャン理由はいつも『風邪が長引いて…』か、『親戚の葬儀に参列しなきゃいけなくなって…』のどちらか。

 

そして仕方なく汚部屋デートを承諾すると、いつも『あ、おれの家来るついでにタバコと三ツ矢サイダー買ってきて』と頼まれていましたが、1度もお金返してくれた事はありませんでした( ˙-˙ )

 

そして毎回『GUMIの手料理が食べたい…』と言うので、実際に作って持って行くと何故か物凄く辛口評価でボロクソ言われます(°o°:)

 

初めて持って行ったのはリクエストされていた奴の好物の筑前煮。

食べる前から参列男は『これ、自分的には何点だったの?』と料理家気取り。爆

当時の私は料理の経験はほとんどありませんでしたが、料理上手の友人や母と一緒に作ったので決してまずくはないはずです。

 

それでも遠慮して『は、80点くらいかな??』と答えると『ほう…なるほどね』と参列男。

やかましいわ。笑

 

一口食べた参列男は『なんかコクがないね。深みが足りないと言うか、麺つゆだけで作りましたみたいな。俺的には42点くらいかな』と真顔。

 

当時19歳の私、初めて好きな人に手料理作ってそんな事言われたもんだから、泣きました。笑

 

そんな私をフォローする事なく

 

『あ、そろそろ親戚の葬儀に参列しなきゃいけないから、今日のところは帰ってもらえる?』

 

筑前煮好きな人に悪い人なんていないと思ってたのに…

くそが!!(´;ω;`)爆

 

ちなみに、その筑前煮は大きめのタッパーに持って行ったのですが、結局タッパーごと返してくれなかったので多分私が帰ったあと完食したっぽいです。

 

その後もおいしいと言われたくていくつか作ったのですが同じような辛口評価。

最後のリクエストは、あの誰にでも作れるでお馴染みのカレーライスでした。爆笑

 

ところが感想はやはり『人参がもう少し柔らかくないとな。鶏肉にはまだ味が染みきってないし…うーんコクがないよね』

 

参列男じゃなくてコク男にすれば良かったかな(´°ω°`) 

 

そして締めはやはり

『そろそろ親戚の葬儀に参列しなきゃいけないから、帰ってもらえる?』

 

お前、何人親戚殺せば気が済むんだよ(´;ω;`)

 

その後別れを告げましたが、なんだか悔しくて、一人暮らし開始と同時に料理を猛特訓しました。

 

口の悪いお客さんや、料理屋を経営しているお客さんや、はっきり感想を言ってくれる先輩などを捕まえて自分の料理を食べてもらい、感想を聞きました。

 

皆『え、普通に美味しいよ!』と言ってくれたのでやはりまずくはなかったはずですし、回数を重ねるごとに『前より上手になったね!』とか『めっちゃ美味しいよ!』と言われるようになり

 

自信も回復し、料理も出来るようになりました♪

 

参列男がクズ野郎なのは間違いないけれど、こいつのおかげで自炊嫌いだった私が料理をするようになったし、結果その後付き合った彼氏たちにもご飯を振る舞えたし、

 

何よりちょこ氏が毎日美味しいと言ってくれる料理を作れるようになったわけで(*´ω`*)

 

あのクズとの付き合いは本当に良い経験になりました♪

 

汚部屋デートしていたおかげで多少の散らかった部屋には免疫ついたし、掃除のスキルも上がったと思います。笑笑

 

あいつ、今もゴミに埋もれてAV観たあと親戚の葬儀に参列してるのかな〜。

 

なーーーむーーー。

 

そのうちダメ男その2を書くかもしれませんが予定は未定です(。・ω・。)笑

 

f:id:sweet-pain666:20180415173106j:image

↑数日前に飲んだキッコーマンの豆乳のシナモンがめちゃくちゃ美味しかったので写真載せときます٩(๑´꒳ `๑٩)

今度見つけたら大人買い決定!!笑

世の中ナメてる奴になりたい

採用を頂いていたお店を辞退しました(。・ω・。)爆

今朝、辞退の連絡をしました。笑笑

 

理由はいくつかありますが、やはり1番は面接時と合否の電話の時の担当者(副店長)の対応に違和感を感じた事が我慢ならなかったからです。

 

合否が分かる前から、昔のように『何となく入る前から嫌な感じがしていたのに我慢して入ったら案の定嫌な思いしてすぐ辞めた』なんてことにはなりたくないから、今回は直感を信じて、変だな、嫌だなと思ったらやめよう!と決めていましたが

 

それでも変なとこ生真面目な性格はなかなか変えられないもので、

『採用してもらったからにはまずは行ってみよう』とか

『この人1人だけの態度で辞退するなんてもったいない(自分の気のせいかもしれない、他の人たちはまともかもしれない)』

と考えてしまって

 

まずは雇用契約の説明だけでも聞いてみようと思ってしまったんですね。

 

だけど。

 

私の性格上、説明を聞いてそれでもなお違和感が消えなかったとしても『もう説明聞いちゃったし今更辞退なんて悪いよな…まず研修だけでも行ってみるか』とずるずる流されてしまうのは目に見えているし

 

相手先だって時間割いて説明して、それで研修まで付き合ってやったあとに辞められるくらいなら入社前に辞退した方がマシだよね、と思いました。

 

そして、面接時からの違和感についてですが、やはりここを見て見ぬ振りするのはいくない!!と思い直しました。

 

この人1人だけの態度で決めるのは…と思ったけど、入社すればこの人が私の上司となり、日々指示をもらったりシフトや仕事内容の相談をしなければならないわけですよね。

今後二度と会わない面接専門の担当者ならまだしも、実際に一緒に働く上司の方と雰囲気が合わないというのは致命的だと思いました。

 

それに今働いているほかのパートの方々も、この人が面接・採用している可能性が高いと考えた時

 

自分と相性が悪そうな人が選んだ人たちがたくさん働いてる

 

って怖くないですか。笑

 

類は友を呼ぶっていいますけど、もしその担当者が私への態度と同じような感じで面接して、採用されて、何の違和感もなくそこに入社した人たちがいるとしたら、その人たちとも絶対に合わないと思いました。

 

まぁ言い訳を並べると情けなくなるのでもうはっきり言いますが

 

私、もう仕事で苦労も我慢もしたくないんですよね。

 

以前テレビで、就活している若者が『面接官の態度が悪かったから辞退した』と話している映像が流れた後に【今は面接官が面接される時代!?】という大きなテロップが出て、

スタジオのコメンテーターたちが『世も末だ』とか『さすがゆとり(さとり?)世代!』とか『世の中ナメてるよね』とか言ってたんですが

 

ナメてるのお前らじゃない?

と思ってしまいました。

 

早く働きたいと一生懸命就活している人の足元見てるのか知らないけど、なんか面接の時点で上から目線だったり、客には愛想よくするのに応募者には無愛想だったり。

 

もちろん本当に就職を急いでいる人や生活がかかっている人は、そんな企業でも採用されたいだろうし、実際に採用されたら辛くても頑張って働くのかもしれないけれど

 

こちとらお金に困ってないんですよ。

 

例え専業主婦で旦那に養ってもらってる人だろうが、成人しても実家で親のスネかじっている人だろうが、すぐ仕事辞めてバイト先を転々としているような人だろうが

 

それで生活できてるなら勝ちでしょ。

 

いつか旦那の会社が倒産したり、親が死んで一文無しになったり、老後考えて不安になったりするかもしれないけど、それはその時にならないと後悔できないし。

 

私が以前、違和感をスルーして入社した時は、ホステスの仕事から足を洗いたくて焦っていたし、一時的に実家に戻って就活していたので早く仕事を見つけないと親から何を言われるか分からないとビクビクしていました。

だから、違和感を無視して入社してしまったんです。

 

でも今はちがう。

 

世の中ナメ腐ったお気楽ハッピー専業主婦参上なんです!!(`・ω・´)

 

今楽しく生活できてるのに、無駄に我慢してストレス溜めたくないんですよね。

 

最後に働いていたクラブの支配人に『仕事なんて9割嫌なこと!楽しいことなんて1割あれば良いほうなんだ!』と常々言われていて洗脳されていましたが

 

9割楽しいと思いながら働いてる人だって絶対いる!!と今なら思えるし、私もどうせならそういう人になりたい!!と思いました。

 

いつも常識的であること、真面目であること、何事にも一生懸命な良い子であることにこだわるのはもうやめたいんです。

 

自分一番!ラクしてなんぼ!我慢も妥協もしたくないし、楽しいことしかしたくない!!

 

周りから根性がないとか、ゆとりだとか、考えが甘いとか言われる事ももう気にしない。

 

去年パートを探していた時も、条件を全部伝えたら『お気楽な主婦だと思われる…』って気にしてたけど

 

お気楽な主婦で何が悪いんだ!?私は一体なににそんなに怯えてたんだろう??と思います。

 

頼もしいちょこ氏が『GUMIのことは俺が養うよ』と言ってくれてる事を何故世間にここまで引け目に感じなければならないのでしょう?

 

むしろ『私の旦那はめっちゃ仕事できる人でかっこよくて超尊敬してます!おかげで毎日幸せです!』って街宣車で言いふらすべきでした!(もちろん冗談です)

 

長くなりましたが、辞退した後タイミング良く、やってみたかったアパレルと雑貨屋で希望の条件で求人が出ているのを見つけました♪

 

この2つの職種で主婦向けの条件はなかなかないのですごいチャンスです!

応募してみようと思います(*´ω`*)

ストロベリーベリーマッチフラペチーノ

f:id:sweet-pain666:20180412133705j:image

じゃーーーん♡

スタバで本日から発売のストロベリーベリーマッチフラペチーノです。

発売前からネットで見てて絶対飲みたい!と意気込んでました(*´ω`*)

 

一人でスタバに入るのはまだなんとなく緊張する田舎っぺですが、苺が苦手なちょこ氏は『買っておいで〜』と付き合ってくれそうになかったので、一人で行って来ちゃいました♪笑

 

実際行ってみればスタッフさんたちは全員丁寧で親切だったし、

レジカウンターの前に大きく『ストロベリーベリーマッチフラペチーノ』と書いてるポップが出てるので、『ストロベリー…あ、これください!』と指をさすだけで注文できました(´°ω°`) 爆

 

感想は…本当にストロベリーベリーマッチですね(?)

 

最初から最後までずっと苺!!

 

苺苺苺!!!!

 

苺食べてました!!!!笑

 

美味しかったです♪

 

酸味の中にも甘みがあって、クリームもあるのでバランスが良かったです٩(๑´꒳ `๑٩)

 

あ、スタバに行く前に、予約していたパソコン教室の無料体験に行ってきました!

 

初回のコース料金以外は永久に月額3000円…コース料金はいわば入会費みたいなものですが、

更新料も何もないみたいで、ほかのパソコン教室と比べたらかなり安くて良心的でした。

 

エクセルやワードだけじゃなく、年賀状や名刺、チラシやポスターなどの作成も教えてくれるとのことで、夢が広がりワクワクして、申込書を持って帰って来ました♪

 

何より90歳の生徒さんを目の前で見て勇気をもらいました(*´ω`*)

 

アロマを始めるときも思っていたけど、なにかを始めるのに遅すぎるなんてことはないし、

習ったことを活かせるかどうか不安に思うよりも、何かを勉強して、出来るようになったという経験や自信が日々の生活に活きてくるのかなぁ〜と。

 

楽しい事だけして生きていきたいっていうわがままを通すには、楽しい事だけを選別できるスキルを身につけないとですよね(。・ω・。)

 

最近ずっとポジティブ思考で元気に過ごせているので、この波に乗って今年は色んな事にチャレンジしたいなぁ٩(๑´꒳ `๑٩)

エルビスサンドの朝

今朝は、数日前にネットサーフィンしてる途中でたまたま見つけたホットサンドのレシピ…

 

エルビスサンド』を作ってみました♡

 

エルビスプレスリーが愛したと言われる、ピーナツバターとバナナとベーコンのサンドイッチです(*´ω`*)

 

作り方は簡単。トーストにピーナツバターをたっぷり塗って、軽く焼いたバナナとベーコンを挟むという物で、お好みで蜂蜜やイチゴジャムなどを加えるのも美味しいらしいです♪

 

ベーコンを焼いた油でエルビスサンドそのものを揚げ焼きにするという相当ガッツリ系の食べ方もあるそうです(°o°:)

 

ネットで見た時は『ベーコンとバナナ!?』と思ったけど、甘じょっぱさが最高だという感想を読んで食べたくなりました!笑

 

f:id:sweet-pain666:20180410101141j:image

↑サンドイッチにするとパンが2枚になってかなりの高カロリーなので、サンドせずトーストにピーナツバターを薄めに塗り、バナナも焼かずに乗せて、ベーコンは食べづらいので別にしました♪

 

感想はね、

 

めっちゃ美味しーーーヾ(o´∀`o)ノ

 

です。

 

ベーコンの塩気、バナナの甘み、ピーナツバターとトーストの香ばしさのバランスが完璧です!

 

ベーコンに合わせるからとバナナを甘さ控えめの品種にする方もいるそうですが、私はあえて糖度の高い品種を選びました(*´ω`*)

バナナは薄めにスライスして乗せると食べやすいし主張しすぎなくて良いです♪

 

トースト1枚だとボリューム的にも手軽にぺろっと食べられますが、ホットサンドメーカーなどでちゃんと挟んで焼いたらもっと美味しいと思います(*´﹃`*)

 

デブ覚悟で今度やってみようかな…笑

 

とにかくとっても美味しかったので、皆さんも是非食べてみてほしいです!

カロリーは大変なことになってると思うので、前後の食事を調整したり、サラダも一緒に食べたりすると良いと思います♪

 

さて、今日は午後から子宮ガン検診です。

来月の小旅行とフェスがかぶりそうなので、ついでにピルで時期をずらせないか相談してきます(´・ω・`)

 

初めて子宮ガン検診受けてから1年経ちますが…何度受けても憂鬱ですね…。

面接受かりました

約半年続けていたレコーディングダイエットをやめて1週間を過ぎました(。・ω・。)

 

 

やめてみて気付いたのは、レコダイをやっていた時は…

 

・書いて生活を見直す事が目的だったのに、いつしか書く事が目的になっていた(書いときゃオッケーと思うようになっていた

 

・何を食べるにもカロリー計算をしなくてはならないのがストレスになっていた

 

・食べたい物は我慢しているのに、気分によって今は食べたくないなぁって物(青汁とかサラダとかヨーグルトとか)も、健康的に痩せる為に毎朝食べなきゃと強迫的に食べていた

 

…以上の3点でした。

 

こうなり始めたのはレコダイ後半の2〜3月のあたりなのですが、思い返すと恐ろしいことに、この時期は体重が全く減らず、むしろ少し増えてまま停滞していたんです(°o°:)

 

強力な助っ人だったはずのレコダイがいつのまにかダイエットの足を引っ張っていたんです…。

 

 

レコダイやめてからの体重の変化ですが、これもまた不思議な結果が出ました。

 

3月31日→54kg

1ヶ月ほど54kg台が続いており、53kg台に戻れずかなり苦しかったのですが…

 

4月1日→53.5kg

4月2日→53.6kg

4月3日→53.6kg

4月4日→53.8kg

4月5日→53.3kg

4月6日→53.6kg

4月7日→53.2kg

4月8日→53.4kg

 

レコダイやめたその日から、テコでも動かなかった体重が減っている!!!

 

今月入ってずっと53kg台です(o゚Д゚ノ)ノ

たまたまにしてはあまりに差が激しすぎますよね。

 

これはレコダイをやめた成果、つまり余計な行動を断捨離した報酬なのだと思います♪

 

断捨離といえば先日オタ卒しようとして処分すると決めたDVDやCDですが…ゲオに買い取りをお願いしたところ、なんと!!

 

f:id:sweet-pain666:20180409140623j:image

19点で5450円になりましたっっ!!٩(๑´꒳ `๑٩)

ちょこ氏には「2000円にもならないんじゃない?」と言われていましたが、予想を大きく上回る買い取り額に♪♪

 

大切に保管していたおかげで、状態が良かったのが理由でした(*´ω`*)

と言っても、ひとつひとつは50円以下の物ばかりで、一部のDVD(スペシャルボックス的な)や初回盤のCDが買い取り額のほとんどを占めていたんですがね…。笑

 

泣く泣く手放した物も多かったのですが、断捨離のおかげで5000円の臨時収入があったと考えたら、むしろ残しておいたDVDさえ売ってしまいたくなりますね(´°ω°`) 

 

 

それくらい、とにかくお金が欲しい今日この頃。

面接の合否の連絡が来ました。

 

タイトルの通りですが、採用されてしまいました。笑でした!

 

前記事で書きましたが、求人広告に『人柄重視!』とある割には私の人柄を全く知ろうとしてくれないし、働ける日数や期間の質問ばかりされてこちらには質問させてくれなかったり、違和感だらけでしたので

 

こりゃ不採用ってことか、と思っていました( ˙-˙ )

 

ところがまさかの採用。

 

採用の連絡でもこちらから聞くまで、次回に必要な持ち物も教えてくれないし、

電話の最初に向こうから「〇〇店の者ですが〜」と言われた時に「あ、お世話になります、〇〇(私の名)です!」と言ったら

 

「あ、ハイ…?お世話…?あー、お世話に?なりま…す??」という歯切れの悪い返答が。

 

私の『お世話になります、〇〇です?』というのはマナー的にそんなに間違っていたのでしょうか。

私も咄嗟に出た言葉なので使い方おかしいのかもしれませんが、そんな疑問符まみれにさせてしまうほどだと思わなかったのでなんだか嫌な気持ちになりました(´・ω・`)

 

そのあと「採用させていただきます」ときて、「ありがとうございます!」と答えたあと

 

30秒ほど沈黙され…『え、え、私が何か言った方がいいの??』と軽くパニック(°o°:)笑

ようやく「……では、雇用契約と研修に来ていただきたいので都合のつくお日にち聞いていいですか?」といわれホッとしました。

 

あらかじめ採用された場合、研修の希望日時を考えておいたのでそれを伝えるとまたしばらく沈黙され…からの「確認してくるのでお待ちください」

 

不安しかありません(´;ω;`)

 

説明を聞いて納得してから契約するか決めようと思っていたのですが、説明→雇用契約→研修と1日で全部やってしまうので、腹くくって行ってみるしかありません。

 

面接できちんと説明してくれたら、雇用契約までの間にこちらも辞退するかどうか考える時間があったのに……

でも、無理矢理でも面接の時点で色々突っ込まなかった私も悪いので、仕方なし!

 

採用してもらえたのも何かの縁なので、誠意を見せて、研修までに髪を暗く染め直してきます。笑

 

来週からバッタバタです(´;ω;`)こわいです!!笑