こんな私が結婚しました

旦那とコスメが大好きな専業主婦による雑記ブログ

健康情報に物申す(心の中で)

昨日、ルナルナの予定日ぴったりにフェスがきました٩(๑´꒳ `๑٩)

 

ピタリ賞は年に2、3回しかないのですが、遅れたり早まったりするいつもの月と比べてPMSやフェス中の症状が軽く、調子が良い気がします。

(いつもなら1、2日目は鎮痛剤飲まないとお腹と腰が痛くて辛いのですが、今回はなんと1度も薬を飲んでいません!)

 

ルナルナが100パーセント正確なわけではないけれど、すごいなぁと思います。

 

今回なぜピタリ賞だったのか、理由はよくわかりませんが、この1ヶ月ほど一切ダイエットをしておらず、好きな物を好きなだけ食べていた気がします…笑

(幸いまだ体重はほとんど変わってません…ほとんどね!笑)

 

以前のピタリ賞の時は挙式後にダイエットをサボった時でした…

 

もしかして、私のひどいPMSはダイエットが原因…??

 

でも、ダイエット中の方が野菜や魚をきちんと食べてて、ピタリ賞の時の方がスナック菓子食べまくったり野菜をあまり食べていなかったり…お昼に食べすぎた時は夕飯食べなかったりわりとめちゃくちゃ…

 

カフェインや糖質はPMSの大敵なので今までなるべく摂らないようにしていましたが、今回は試験勉強の時にコーヒーを飲んでいたし、甘いものばかり食べてるので糖質摂りまくり…

 

このめちゃくちゃな食生活が体に良いとは思えないのですが、それ以上にストイックなダイエットのストレスの方が体に悪いのか…(´・ω・`)

 

でもこれが良いなら今までPMS改善のためにコーヒー我慢してダイエットやリズムを整えるために頑張ってた事って一体……(´;ω;`)

 

しかもアロマの試験が終わったらダイエット再開しようと思っているのになあ〜〜(´;ω;`)

 

私の中で、『痩せたい』と『PMSを改善したい』というのは二大目標なんですよね。

どうしましょう。

 

でも悔しいけど、PMS改善にはカフェインと糖質を控える事が絶対と信じて頑張ってきましたが、その割に、控えていた間に『PMSが和らいでいる♪』と感じた事は1度もありません。

 

そもそも、思い返せばネットでもテレビでも最近やたら色んな事を断たせすぎだと思えてきました。

 

PMSにはカフェインと糖質が大敵で

夜ふかしすると肌に悪いから早く寝なきゃいけなくて

朝活が健康にも良いから早起きして運動やら読書やら色々した方が良くて

眠れない時は無理に寝ない方が良いし寝酒も逆効果だけど

早く寝ないと朝活できないし

睡眠時間が足りないと睡眠負債で寿命が縮まるし

でも寝溜めや昼寝ではその負債は取り戻せなくて

ていうか二度寝や昼寝をすると体のリズムが崩れるからしない方が良くて

 

でも睡眠時間が足りないと寿命が縮まるんでしょ??

 

どうしたらええんや!!!(;´༎ຶД༎ຶ`)

 

あちらを立てればこちらが立たず。

 

なんかもううざいんですけど!?

 

こちとら仕事してないんだから二度寝しようが夜更かししようが関係なくない!?

 

寿命が縮まる!?はぁ!?元々自分が何歳まで生きるか知らないのに縮まるもクソもなくない!?

 

砂糖とコーヒーは悪!?はぁ!?

 

砂糖もコーヒーも適量摂ってれば体に良い作用もありますけど!?てか今月カフェインと糖質摂りまくってて普段より体調良くなってる人間ここにいますけど!?

 

朝活!?はぁ!?

ただでさえちょこ氏の朝食と弁当作りの活動で鬼早起きなのにまだ活動させるか!!!

これ以上朝活したら夜やることなくなるわボケ!!!

 

って1人心の中で荒ぶってみました(。・ω・。)笑笑

 

 

この無性にイライラするやつ、

 

 

………結局

 

 

PMSなんじゃないかな。爆

 

 

 

あなたと長生きしたいから

今週のお題「わが家の防災対策」

 

今年、親友ぽてさら♀が住む地域で豪雨災害がありました。ぽてさら♀夫婦や両親など無事だったようですが、断水や食糧が足りないなどでかなり困ったようです。

 

その話を聞いてから、ちょこ氏に『こっちもいつ何が起こるか分からないから、防災セットを用意しておかないとね』と話していたのですが、明日やろうは馬鹿やろうとはよく言ったもので、行動に移さないうちに今回の胆振東部地震が起きてしまいました。

 

今でも震源地の方では避難所生活が続いているし、すぐにまた大地震が来るとも限らないので、今週はあちこち買い物に行き、防災グッズを作っていました。

 

初めから中身が揃ったセット品なども売ってますが結構お高いし、状況によっては『これは要らなくない?』と思うものが結構あったので、必要なものだけ詰めた方が経済的にも実用的にも良いと思い自作することに(。・ω・。)

 

女性youtuberや私と同じ子なしの主婦の方のブログなどの防災セットを参考にしたのですが、どうもみんな物が多すぎるというか『女性がそんな重いもの持って逃げられるのかな、そんなに必要?』と言った印象。

 

なので過去の震災経験者の方のブログを読んでみると、『荷物は最小限、とりあえず人命優先なので1、2日分の死なない程度の水と食糧、情報収集の手段、寒さor暑さ対策があればいい』とありました。

 

私も物に執着するのは身を滅ぼすと思います。

先日のような停電に備えて、照明、情報、寒さ対策を中心にしました。

 

f:id:sweet-pain666:20180914070704j:image

↑カイロ、軍手、靴下。寒さと怪我防止です。

夜中に逃げる事になった場合、咄嗟に裸足のまま靴を履いて出たりするかもしれませんし、壊れた物や重いものを持つ際に軍手は役立つのではと思いました。

最低限の現金、マスク、ウエットティッシュ、ボディシート。

写真に乗ってないのですが、水に流せるティッシュと常備薬、絆創膏と包帯も入れました。

 

モバイルバッテリーと懐中電灯はあちこちで未だに売り切れが続いてるのですが、運良くたまたま寄ったセブンで購入できました(๑º ロ º๑)

 

念のために動作確認をしから電池は抜いて別の入れ物へ、そして予備の電池も多めに入れています。

※携帯ラジオが手に入ったらそれも追加します

 

f:id:sweet-pain666:20180914071515j:image

↑食事もでっかい缶詰とかカップ麺とか色々入れてる方が結構いたのですが、とりあえず死なない程度が目標なのでバランス栄養食と飴。

ちょこ氏の低血糖が心配なのでブドウ糖も入れました。

念のため近々追加でハイカロリーのチョコと塩飴は人数+日数分入れようと思います。

 

水は実はまだ購入してないのですが、今日にもミネラルウォーター2リットル分(500mlを4本)を入れようと思います。

後日ネットで長期保存可能な保存水を購入して入れ替える予定です。

 

とりあえず防災セットについては以上です٩(●˙▿˙●)۶ 

 

我が家の場合、余程のことがなければ自宅待機になる確率の方が圧倒的に高いので、家に食べ物や水のストックをすることの方が重要だと思うので、また近々備蓄についても記事を書こうと思います。

 

きっと結婚前の私ならこんなに災害対策に力を入れることはありませんでした。

 

死にたいとまでは思ってなかったけれど、生きていても良いことないし、もうその時はその時、と思っていました。

生命力が弱いというか。笑

 

まぁ強いて言うなら、スマホ依存なのでモバイルバッテリーだけめっちゃ買ったり、煙草買いだめしたりはしていたかも(´°ω°`) 

 

だけど、今の私にはちょこ氏がいる。こんなに幸せだから、絶対に死にたくない。

何が何でも、ちょこ氏と一緒に長生きしたい!

 

自分がこんなに命を大事にしたいと思えるようになったのも、ちょこ氏のおかげです(*´ω`*)

 

今日はそんなちょこ氏が大好きな納豆を探しにスーパーをはしごします。

納豆が品薄でいつ行っても売り切れなのです…元からあったうちの納豆ストックもついに底をついたので、今日は朝イチで挑みます!笑

最近の癒し

実家に新しい家族が増えました。

 

f:id:sweet-pain666:20180911202948j:image

↑こやつです。

ひゃーーーかんわいーーーー!!(´;ω;`)

 

今年の春、先代の愛犬モモが虹の橋へ旅立ち、両親は憔悴していました。

 

もう犬はいい…こんな悲しい思いしたくないと言っていた両親ですが、

やはりモモが抜けた穴は大きく、寂しくなったようで、久々にペットショップに行ったところ、この子に出会ったそうです。

 

両親は見た瞬間、この子を連れて帰る!と決めたそうです。

 

それもそのはず。私も会ってみてびっくり。

モモの生まれ変わりなんじゃないかと言うほどそっくりなんです(。・ω・。)

 

顔だけじゃなく、鳴き声や仕草もよく似ています。

 

母が付けた名前は『シェリ』。

フランス語で『愛されるもの』という意味を持つのだそう。

 

モモに似ているけれど、モモはモモ、シェリシェリ

どちらもずーっと愛していきます(*´ω`*)

 

地震の前にこの子を迎えると決め、フードやケージなどの準備の為に2週間後に引き取るはずでしたが、その矢先に地震、停電。

 

母はまだペットショップにいるシェリが心配でたまらなかったようです。

 

停電解消後すぐにお店に電話したところ、『わんちゃんは元気です♪』と言われ、その日のうちに迎えに行きました。

そして私もすぐに会いに実家へ行きました。笑

 

f:id:sweet-pain666:20180911212602j:image

↑ケージから出せと暴れるシェリ。笑

かなり気が強いです。だがそれがいい

人見知りもせず、よく遊んであまり寝ないやんちゃ娘です(*´ω`*)

 

f:id:sweet-pain666:20180911212820j:image

↑そしてこの挑戦的な表情。笑

 

日曜会ったばかりなのに今日も実家に行ってしまいました。笑

 

震災とアロマの試験勉強で疲れている私の心を癒してくれます(*´ω`*)

 

シェリさん、うち(実家だけど)に来てくれてありがとう٩(๑´꒳ `๑٩)

なぜスマホの緊急地震速報は音量調節が出来ないのか

先日の地震以来、夜寝る時にiPhone緊急地震速報の音を思い出して、不安な気持ちになります。

 

あの夜、真っ暗闇の中、耳元で大音量の緊急地震速報が鳴り響きパニックに陥りました。

 

大きな揺れとほぼ同時に大音量の『ギュイン!ギュイン!ギュイン!』という音。

何が起こったのか分からず、ただただ恐怖で『なに!!!!助けて!!!』と叫びながら暗闇でジタバタしてしまいました。

 

ちょこ氏が手を伸ばして私を見つけて自分の方に引き寄せ、泣き叫ぶ私の肩や頭を包むようにして『大丈夫!大丈夫だよ!落ち着いて!俺ここにいるから大丈夫!!』と何度も言われるまで冷静になることが出来ませんでした。

もしちょこ氏が飲み会や出張などで不在の時にこんなことが起こったらと思うと恐ろしくてゾッとします。

 

スマホから音が鳴っている事、地震がきていること、寝室には倒れてくるような危険なものはないし、とりあえず今はじっとしているしかないという事を理解するまで30秒以上かかり、

理解したからと言って、散々脅かされたあとでは体中が震えて何もできません。

 

私が大袈裟なのでしょうか。

たしかに私は元から音に過敏なタイプで、大きな物音には驚くし、小さな物音は気になってイライラしてしまいます。

 

だけど、そうでない人もあの大音量がトラウマになったという人は多いのではないかと思うんです。

(過去の震災の被災者でさえ、復興後もPTSDに悩まされ、緊急地震速報の音が耐えられないという人が多いという話を読みました)

 

特にスマホをある程度いじる人なら分かると思いますが、寝る時って大抵枕元でスマホ充電してませんか?

 

なので、夜間に地震やミサイルの警告アラートが鳴ると、必然的に耳元で最大音量が鳴ることになります。

 

私は今回、震災による停電が解消されてから一番最初にGoogleで検索したのが『iPhone 緊急地震速報 音量下げ方』です。

 

ところが調べたところ、緊急地震速報は音量調節ができないのです。

 

ドコモでもAUでも、iPhoneでもAndroidでも。

常にそのスマホの最大音量で鳴るようになっています。

 

でも、音を鳴らないようにすることはできるそうです。

 

緊急地震速報自体を通知しないようにするという方法です。

 

いやいやいやいや。

 

なんで0か100しかないの?っていう。

 

危険だから知らせてくれるんでしょう。

私だってその知らせは受け取りたいですよ。

 

あの恐ろしい音にだって、きちんとした理由があるのは以前から知っていました。

ミサイルなどの攻撃を知らせる国民保護サイレンなどもそうですが、ある程度人が不安な気持ちになったり緊張するような音をあえて採用していると。

 

そうでないと警告の意味がないし、危機感を覚えにくいからという理由です。

その理屈は分かりますし、正しいと思います。

 

なにも『もっと明るく楽しげな音にしろ!』って言ってるんじゃないんですよ。

 

ただ、音量くらい自分で決めさせてくださいよ。

 

目覚ましのアラームだって、起きられる自信のない人は音量を上げておくし、そうでない人は自分に適した音量に設定しておくはずです。

 

通知をオフにして危険度が跳ね上がるくらいなら、音量下げてでも通知オンに出来た方が良いと思うし

それって誰もが思う当たり前のことだと思うのですが、携帯会社はなぜそれができないのでしょう。

 

音量調節、バイブレーション、通知オン、通知オフ…これくらい選択肢があっても良いと思うのです。

 

ネットで調べていると、被災中に頻繁になる緊急地震速報がストレスで通知をオフにし、その後解除し忘れて、違う大地震の時に通知を受け取れなかった人の話も出てきました。

 

そりゃそうなりますわな。

 

震災後、寝る時だけ通知オフにしている人もいたそうですが、やはり日中解除し忘れて余震の通知を受け取れなかったとありました。

 

そんな毎日毎日寝る前だけオフなんて、やってらんないですよ。だけどそうでもしないと怖くて眠れないんですよ。

 

私もすごく悩んだ結果、通知オフにしました。

 

この緊急地震速報、震度4だか5以上の地震で鳴るそうなのですが、どんなに熟睡している時でもそれだけの地震が来たら私はすぐに目を覚まします。

 

もし泥酔してたり病気で寝込んでいたとしたら、その時点で緊急地震速報が鳴ったって思うように動けないと思うし。

 

だけど、もし音量調節ができたなら、やはり通知は受け取りたいのに…と思います。

 

過去の震災でも音や音量についての問い合わせやクレームはたくさん寄せられたことと思います。

 

先ほど書いたように、恐ろしい音の理由は知っていますし理解できます。

 

ですが、なぜ頑なに音量調節をさせないのかが分かりません。

 

音量調節ができないがために、通知をオフにすることの方が余程危険だとは考えられないのでしょうか。

 

というか、音量調節が出来ないのに通知をオフにできることの方が不思議です。

音量調節をさせないほど大事な機能なら通知オフにできない方が良いんじゃないでしょうか?

 

どうしても理解しがたいのでもう直接携帯会社などに問い合わせようかと本気で考えましたが、私ひとりが問い合わせたところで何も変わらないと思います。

 

『なぜ音量調節ができないのですか?』と聞いてもきっと『いつどんな場所でも危険を知らせるためです』みたいな事言われるのだろうと思うとかける前から腹が立つのでやめました。

 

今でも、通知オフにしているのだからあの音が鳴ることはないと分かっているのに、無音の寝室でじっとしていると今にも緊急地震速報が鳴り出すんじゃないかと心臓がバクバクしてきます。

 

音量調節に関しての問い合わせやクレームが殺到して音量調節が出来るようになれば良いなと思います。

それとも、こんなに憤っているのは私だけなのでしょうか。

 

とりあえず私にとって先日の深夜の緊急地震速報はそれほど恐ろしく、トラウマになっているという話でした。

気づかぬストレス

大停電から数日。何軒かのスーパーでは早くも生鮮が並び始めたので、とりあえず食料の心配はなくなりました(。・ω・。)

 

買い込んだカップ麺などは、日曜や私がご飯を作れそうにない時の非常食として少しずつ消費しようと思います。

 

私の住む札幌は震源地と比べれば被害は少ない方だと思います。

 

特に我が家は初日の日没前に電気が復旧したので、真っ暗な中で一晩過ごすという経験はしなくて済みましたし

食事も普段とほぼ変わらないものをたべる事ができていました。

 

普段と違うことといったら、『普段と同じ生活を維持するために普段以上に頑張ったこと』でしょうか。

 

停電中、ちょこ氏が会社に行っている間にスーパーをハシゴして、食材をかき集めたり、

冷蔵庫の中の物をダメにするのが嫌なので、悪くなる前に煮たり焼いたり、時には凍った食品を保冷剤代わりにして冷蔵庫の物を冷やしたり。

 

あとは、震災2日目からちょこ氏にお弁当を持たせていました。

食べ物が調達できなかった社員さんたちの為に追加でカップ麺を買いに行ったものを持たせたり。

 

おかげで、多分他の家庭より食品のロスが少ないと思います(生ゴミをほとんど出していません)。

 

その後は健康的な生活だけじゃなく、気持ち的にもリラックスしてほしくて、

 

ちょこ氏が普段食べていたお菓子やコーヒーを買ったり、私用にもダイエットを忘れてポテチを買ったり、寝る前にアロマを焚いてみたり。笑

 

電気がついてからは調整の日々です。

 

他の方に迷惑をかけないよう節電をしていたので、昼も夜も最低限の電気しか使わないようにしていました。

昼間でも、日当たりの悪い台所での作業は目や肩が疲れますね(´・ω・`;A)

 

もちろん無理することはないのですが、まだ電気がきてない家庭がたくさんあると考えると出来る限り…と思ってしまいました。

 

断水に備えて溜めていた水道水は結局使わなかったのですが、もちろんそのまま捨てるのはもったいないので、最初の1日目は米とぎや料理に使用。

2日目はお茶を沸かす時や鍋の出汁を作るときに使用。

3日目はお風呂や洗濯に使用しました。

 

食べ物も水も無駄にしてしまうよりずっと心が楽なので良いのですが、何度も買い出しに行ったり重い水を運んだり、休まず調理したり…結構疲れていたみたいです。

 

一昨日の夜は気晴らしがしたくて久々に焼酎を飲みました。

ちょこ氏が疲れていたので、マッサージをして寝かしつけた後も1人で掃除や料理をしながら飲み続け、驚いたことに鏡月を1本開けました(°o°:)笑

私はビールやワインが好きで、焼酎はハッキリ言って苦手なのに…1人で1本開けるのはホステスの頃以来です。笑笑

 

おかげさまで昨日は体がだるくて大した事は出来ませんでした。

ご飯食べて昼寝して、ちょっと散歩して実家に寄って帰ってきて。以上。

 

昼寝したのに夜もぐっすりでした。笑

 

そして今朝胃の痛みで絶不調だったので、朝食は納豆ご飯に作り置きのおかずのみをちょこ氏に出し

会社でのお昼はこの前持たせたカップ麺を食べてもらうことに。

 

送り出した後、最低限の片付けだけして布団に入り、さっきまで死んだように寝ていました。笑

 

おかげで少し元気になりましたが、フェス前の不調も重なって肌荒れがひどいし、頭も重いし…。

 

アロマの勉強も2日していないので不安です。早く再開しないと試験に間に合わない…そう思いつつ億劫です。

 

パソコン教室はすでに開いているそうなので、明日の枠を予約してあります。

 

被害が少ないのだから早く普段通りにしないと…甘えんな自分…と喝を入れたいけど、逆効果になるのでひとまず、今は半身浴をして髪を洗って、さっぱりしてから考えようと思います。

ひと段落

昨日は朝からお義母さんに『冷凍庫のスペースを貸して欲しい』と頼まれていたので、自分たちの冷凍物を整理してスペースを作っていました(。・ω・。)

(私たち夫婦、お互いの両親たち、ちょこ氏の姉夫婦2組の中で停電初日から電気が復旧したのは私たちの家だけだったのです…)

 

義実家の冷凍物を預かり、お義母さんに電気がつくまで家に泊まりませんか?お風呂入りませんか?と言ったのですが家の整理や余震に備えたいから大丈夫だよ、と言われました。

それでも、冷凍庫を貸しただけでとても喜ばれたので少しでも役に立てて良かったです。

 

その後はスーパーやコンビニを回って、何か良い食材や消耗品が売られていないか見てきました!

コンビニはほぼ品切れ、大型スーパーは営業休止になっていましたが、地域密着型の小さなスーパーではなんとまだ野菜や卵、お菓子や乾麺も売っていました♪

 

生鮮系がしばらく買えないので、卵や乾麺を少し購入、あとはホッとしたい時のために、チョコや紅茶などの嗜好品的な物も少し購入しました(*´﹃`*)

 

午後からは私の両親がスマホの充電をしに訪ねてきました。

実家はまだ停電していましたが、マンションの予備電力でお湯だけは出るようになったようです。

私が残り食材で作ったハンバーグカレーを出して食べてもらっている間に充電をし、カップ麺とお菓子をおすそ分けしました。

 

そして、夜はちょこ氏の姉夫婦がシャワーを借りに来る予定でした。(私がお義姉さんたちにシャワーや充電ならいつでもどうぞ!とLINEしていたので)

 

が、来ると言っていた時間の数十分前に電気が復旧したそうです(*´ω`*)

その後、私の実家と義実家も次々復旧していきました♪

 

2日間臨時休業していたちょこ氏の会社もようやく今日から再開です。

私も食材をやりくりしながらお弁当を持たせてあげることができました♪

お弁当がなかったら、お昼を食べようにも飲食店やコンビニがまだ営業できてないところが多くて大変なので、食材調達できるまでの間は残り食材で頑張ろうと思います!

 

でも、少ない食材でやりくりするのって結構好きです。買い出しに行かず、冷蔵庫の中のものだけでおかずを何品作れるか、とかゲーム感覚でやってると楽しいです。笑

そして後半、冷蔵庫がどんどんすっからかんになっていく感覚が気持ち良いんですよね(*´ω`*)

 

まぁ品薄なのでそんな悠長なことは言ってられませんが、まずは楽しんでやろうと思います。笑

 

食材がなくなったら今度は買いだめしたカップ麺を消費していきます。

結婚してから滅多にインスタントを食べなくなったので、それもちょっと楽しみです(´°ω°`) 

f:id:sweet-pain666:20180908080659j:image

 

 

今回の災害で、自分や自分の家族のことも心配なはずなのに、停電中でも出勤して人のために働いている方を見て、とてもカッコ良いなと思いました(*´ω`*)

私が仕事をしていないので余計に眩しくみえました。

 

普段店員さんとは最低限の言葉しか交わしたくないタイプの私でさえ、買い物をする時に、『大変な時にありがとうございます!』とか『お疲れさまです!』とか『頑張ってください』という言葉が自然と出てきました。

 

自分も頑張らなきゃ〜と思いつつ、今日は何だか疲れてしまって、ちょこ氏を送り出してからベッドでぐったりです(´・ω・`;A)

少し体を休めてから、自分にできることをやろうと思います。

我が家は無事でした

※この記事は昨日書いたものです。バタバタが落ち着いたので更新します!

 

 


13時間ほど続いてた停電が一部解消され、我が家も運良くその一部に入っていたようで、日没前にテレビもお湯も問題なく使えるようになりました。

 


昨日からの出来事をメモアプリに箇条書きしてありましたので、それをそのままコピーします。後から付け加えた文章もあって、かなり支離滅裂です。笑

 

 

 

9/6深夜3時

スマホの警告音で飛び起きる。

寝起き直後に暗闇の中でけたたましく鳴る警告音と強い揺れで何が起こったか分からずパニックになるも、ちょこ氏になだめられ何とか落ち着く。

 


(寝ぼけていたので、地震だと気付くまでの数十秒、強盗に襲われたか、北朝鮮からのミサイルが落ちてきたのかと本気で思ってパニクり、悲鳴をあげて隣にいるちょこ氏にしがみついて軽く過呼吸を起こしかけました。

地震よりも、警告音にびっくりしました…)

 


幸い我が家は背の高い家具などが一切ない為、ものが落ちてきたり怪我をしたりというのは皆無。

すぐに母に連絡すると、実家では食器が割れたりストーブが倒れたりしたそう。

 


その後、テレビで状況を確認。

そして1時間後には停電が発生。

翌朝には復旧してるものと思い、一旦寝室で休む。

 


翌朝6時頃

ネットニュースで全道停電と知って事の重大さに気づく。

ちょこ氏は会社の機械を確認しに出かけ、私は近所のコンビニやスーパーで食料を調達しに出かける。

 


ちょこ氏は車の中で充電できるけど、私はモバイルバッテリーなどをもっていないので、省エネモードして極力スマホを使わないようにしていました。

 


7時

外は早朝からたくさんの人が行き交い、コンビニの薄暗い店内には人が押し寄せ、店員さんが非常灯と電卓で買い物客の対応。

パンやレトルトなどはほとんど売り切れ、逆に激辛焼きそばや酒、珍味などが売れ残っていた。

 


私は何とか数少ないカップ麺を調達。

 


母からの電話で夕方断水になるかもしれないと聞き、浴室や鍋やペットボトルに水道水を溜めておく。

 


11時過ぎ

ちょこ氏も会社の対応が終わり、帰り道でカップ麺購入、義実家から水を入れるポリタンクを分けてもらい、さらに水道水を確保。

 


13時

ちょこ氏の車でホームセンターへ行き、長蛇の列に並び、ライトを買う。

大の行列嫌いな私ですが、これ経験したら行列のできるパンケーキ屋とか余裕で並べそう。←

 


並んでいる間にもめぼしいものが次々と売り切れる(懐中電灯やモバイルバッテリーなど)

 


私たちが買ったのは電池付きのLEDライト。

人感センサー付きだけど、切り替えれば常時点灯もできる。連続10時間点灯とか、寿命が

奇跡的に対応する乾電池も買えた。

 


14時頃

帰宅後は昼食。ガスと水道が使えるうちにと、そうめんを茹でる。

冷蔵庫でギリギリ冷えてたトマトとモッツァレラチーズもあったのでカプレーゼにしてそうめんと一緒に食べた。笑

 


15時

ちょこ氏は疲れて仮眠。

私は購入したライトの点灯確認や、貴重品をリュックにまとめたり、食料を一箇所に集めておいた。

 


16時

携帯が圏外になる

おわた(>_<)

 


17時

日没前に、冷蔵庫に残っていた食材で料理。

冷凍ご飯を鍋で煮ておかゆ、解けかけの冷凍肉と野菜で炒め物。

 


18時すぎ

作り終わると同時に電気復旧(°o°:)

 


早速テレビとネットで情報収集すると、うちは本当に運良く早めに復旧した一部のエリアだったようで、市内ではまだ停電断水の家がほとんどだそう…

 


私の実家も停電断水、義両親も水とガスは使えるけど停電…。

 


自宅の電気が稼動後、外に出たら自宅の周り以外は真っ暗で…初めて我が家が幸運だったと知りました。

 

 

 

とりあえず、生存報告は以上になります。

両親とも連絡は取れているのでとりあえず心配はないかと。

 


余震とまた停電したら…と考えると不安です。

買いだめしたカップ麺は最後の手段にして、復旧後も食べ物の入荷などは遅れてしばらく品薄がつづくはずなので、冷凍庫のものを積極的に調理して消費していこうと思います。

 


お米は電気が使えるので炊飯器で炊くことが出来ました。

 


私はお菓子少しでも満足できますが、ちょこ氏は低血糖になったらいけないので、食料確保は本当に大切です。

 


こんな大変な時に、スーパーやコンビニで商品を売ったり真っ暗な店内を案内したりしてくれていたお店の方々に心から感謝です。